きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

とうとう魔界王子(6)感想

      2015/07/30   posted by

魔界王子devils and realist(6) [ 雪広うたこ ]

価格:

580円

(2013/08/31 08:51時点 )

感想:1件

今回の表紙はリンゴを持ったカミオです。
6巻の感想は・・・

シトリーとカミオ(総代バージョン)とおまけページのダンタリオン、ウイリアムのメイド姿に尽きる!!!

あと第34柱のジルとジャンヌの扉にほのぼのする。

はじめはは御前天使会議から始まるんですが・・・前の巻のミカエルと今回のミカエルはちょっと性格が違うよね?
あれですか、寝不足で「キヒッ」って笑うようになっちゃったんでしょうか。
悪魔だけでなく天使もたくさん出てきて、しかも曲者っぽいので(特にメタトロン)頭が混乱しそうです。

それとグランストリー伯爵ことメイザースの登場!
とうとうウイリアムも魔術を習うように!!

舞台もフランスとイギリスの二手に分かれ、複雑になりつつありますが、雪広うたこ先生のタッチが綺麗なので、とっても読みやすいです。

さて、次は最新刊の7巻の感想になると思います。
アニメもそのうち見たいと思ってます!!

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

 - 本・コミック ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スティーヴン・ミルハウザー 「エドウィン・マルハウス ー あるアメリカ作家の生と死」

 今回はある種偏執的と言える作家、スティーヴン・ミルハウザーの「エドウィン・マル …

三島由紀夫 「不道徳教育講座」

 毎日様々なニュースが取り沙汰されていますが、何かしらのニュースが報じられると、 …

小坂俊史 「ラジ娘のひみつ」

 さて熱帯雨林をさまよった挙句、ようやく小坂先生の作品(新婚よそじのメシ事情)に …

ヒカルの碁に思う。

 最近ヒカルの碁を見る機会がありました。 いや〜、かなりおもしろいですね。 主人公のヒカルが囲碁界を確実に駆け上がっていくのはわか…

大橋ツヨシ先生の「オハヨー!半世紀高校」の1巻が出やがった!

 ということで、前回、大橋ツヨシ先生の帰還をご報告させていただいたわけですが、あ …

薔薇王の葬列5巻感想

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)posted with ヨメレバ菅野 …

きになる本、略して「きに本」(第1回、竹内結子著「ニオイふぇち」)

さて、このブログ、最近はアテネネタづいてるので、ちょっと目先を変えて、今回は映画に続いてのブログ新分野、本について書きたいと思いま…

石黒正数 「木曜日のフルット」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り …

魔界王子最新刊(7)感想

魔界王子devils and realist(7) [ 雪広うたこ ] 価格: …

薔薇王の葬列1巻感想

薔薇王の葬列 1 (プリンセスコミックス)posted with ヨメレバ菅野 …