きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

魔界王子(5)感想

      2015/07/30   posted by

魔界王子devils and realist(5) [ 雪広うたこ ]

価格:
580円

(2013/08/29 04:28時点 )

感想:1件

とうとう、この感想も5巻まで来ました。
今回の表紙は・・・ソロモンです!!
・・・最初、素で「え、このキャラだれだっけ?」と思っちゃいました(殴
1巻のウイリアムと配置が似てるのはわざとなのかな?
髪色とか目の色とかも同じっぽい。

冒頭は、猫耳のウイリアムとアイザックがカワイイです。
もーちょっと堪能したかったぁ!
ラミア的にはウイリアムはダンタリオンの愛人なのね、ふふふ。

魔界に行って、ソロモンの指輪によって、ソロモンの意識に目覚めたウイリアム。
ダンタリオンが止めなければ魔界はえらいことになってました。
でもソロモンはダンタリオンを忘れていました。
何故なのか、謎は深まるばかりです。
尽くしても報われないダンタリオン。不憫萌え!

他にも意味深なシーンがいっぱいあって、いつ伏線が回収されるのかとても楽しみです。

・・・あと、最後に出てきたジャンヌにびっくりした!!
あの状態でジルと再会したらどうなるんだろう。
ジルがショック受けそうで・・・と今から妄想してニマニマしてます(笑)

ジャンヌのインパクトで一瞬忘れてましたが、今回の巻はソロモンの過去シーンもいっぱい出てきます。
ルシファーとも知り合いみたいだし、秘密を抱え過ぎです!

うー、6巻も早く読みたい!でもまだ手元にないので、次は他の漫画の感想書くかもしれません。
次は何を書こうかなー?

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

 - 本・コミック ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「鷺草 大津皇子とその姉と」感想

鷺草 大津皇子とその姉とposted with ヨメレバ池田 美由喜 文芸社 2 …

魔界王子(1)感想

初めまして。 今回から、この『きになるブログ2』さんでライターとして記事を書かせ …

きになる本、略して「きに本」(第1回、竹内結子著「ニオイふぇち」)

さて、このブログ、最近はアテネネタづいてるので、ちょっと目先を変えて、今回は映画に続いてのブログ新分野、本について書きたいと思いま…

大橋つよし 「ねこたん」 連載終了に思いを馳せる

 先月のことです。いつものように某大手書籍通販サイトをブラブラしておりまして、ふ …

あき『アルオスメンテ』6巻感想

アルオスメンテ 6巻 (ZERO-SUMコミックス)posted with ヨメ …

石黒正数 「木曜日のフルット」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り …

大橋ツヨシ、帰還! 「オハヨー!半世紀高校」

 みなさん!帰ってきましたよ!大橋先生が帰ってきましたよぅ!思えば昨年末、遅れば …

薔薇王の葬列2巻感想

薔薇王の葬列 2 (プリンセス・コミックス)[Kindle版]posted wi …

よしながふみ『大奥』12巻感想

大奥 12 (ジェッツコミックス)posted with ヨメレバよしながふみ …

スティーヴン・ミルハウザー 「エドウィン・マルハウス ー あるアメリカ作家の生と死」

 今回はある種偏執的と言える作家、スティーヴン・ミルハウザーの「エドウィン・マル …