きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

彼の顛末 第一回

      2015/07/30   posted by

 僕の名はアソパソマソ。謎の病原菌を町中に撒き散らし、そのまま姿を消した宿敵のHIVマンを僕は追いかけた。そしてついに奴を火口に突き落とした時には、パン工場を出てから既に三年が経っていた。

 雪山を飛び越えるとパン工場が見えてきた。ヅャムおじさんとベタ子さん、それにチーヌは元気でいるだろうか。僕は懐かしさで一杯だった。いつものように大きく旋回してから、僕はふわりと着陸した。

「ただいま、ヅャムおじさん!」

 元気良く玄関のドアを開けたが、まず最初に僕を迎えたのは黴臭い、酸えた様な臭いだった。パン工場だというのに中は全く火の気がなく、


薄暗くて埃っぽい。僕は一歩踏み出し、もう一度ヅャムおじさんの名を呼んだ。と、部屋の隅で何かが動いた。

「おぉ…?アソパソマソじゃないか。」

 それはすっかり痩せ衰えたヅャムおじさんだった。顔は青白く、しかし赤黒く、足元もふらふらとおぼつかない。手にはバーボンらしいボトルを握っていて、下品にへらへらと笑いを浮かべている。相当酔っているらしい。

 僕は慌ててヅャムおじさんを支えた。

「ヅャムおじさん、これはどういう事なの?」

 パン工場の荒れ様は言葉に出来ない程だった。窓には茶色く汚れたカーテンが閉められ、陽光を汚している。元は空色だったのにすっかり変色してしまっていた。テーブルも埃だらけで、酒瓶が何本かと油の浮いた皿が散乱している。その周りには足の折れた(多分、腐っている)椅子が幾つも投げ出されており、床にはやはり酒瓶が転がっていて、しかも得体の知れない液体までもが広がっている。

「ねえ、どういう事なんですか?」

 僕がもう一度尋ねると、虚ろだったヅャムおじさんの目が鈍く光った。それに連れて顔はみるみる強ばっていく。

「どういう事?お前、よくもそんな事を…!」

 そういってヅャムおじさんは僕の手を振り払い、たたらを踏んで床に崩れ落ちた。僕は慌てて抱き起こそうとしたが、ヅャムおじさんはその手すら振り払う。そして掠れた声で叫んだ。


「こんな山奥なのにどうしてパンが売れていたのか、お前は考えた事がないのか?」

 そんな事は少しも考えた事がなかった。答に窮していると、ヅャムおじさんは吐き捨てるように言葉を継いだ。

「これまではお前の人気で、何とかパンを売ってきた。でもな、お前がいなくなれば、ここはただのパン工場なんだよ。おかげで、すっかりパンは売れなくなってしまった…。」

 と、僕の足に何かが触れた。見てみると、それはチーヌだった。チーヌは身体付きこそ昔のままだったが、その目は何だか常軌を逸している。そう、まるで腹を空かせた狼。

 突然チーヌが僕の足に咬み付いた。激しい激痛のあまり、僕は慌ててチーヌを蹴り飛ばした。昔ならキャン、と鳴いてひっくり返るのだが、チーヌは微妙なバランスを保って体勢を立て直し、再び僕に襲いかかる。その狙いは明らかに、僕の喉笛だった。

「ア、アソペンチ!」

 反射的に、僕は必殺のパンチを放った。パンチは口を開けたチーヌの丁度眉間に命中した。そしてもんどり打って、壁に叩き付けられる。ベシャ、と、嫌な音がした。ずるずるとチーヌは壁からずり落ちる。壁には真っ赤な鮮血がこびり付いていた。

「チーヌ…?チーヌ!」

 慌てて駆け寄ったが、チーヌは既にこと切れて、ごぼりと血を吐いた。

「狂犬病だよ。」

 振り向くと、ヅャムおじさんが僕を睨んでいた。

「金がなくなって、予防注射が打てなくなった。わしはもうこんなだから襲われる事はなかったよ。不味いと分かっているんだろう。」

 そう言ってヅャムおじさんは忌々しそうにチーヌを蹴り上げた。それはまるでゴム人形の様に浮き上がり、また嫌な音を立てて床に叩き付けられた。

 僕は何か言おうとした。しかしショックで声が出ない。するとヅャムおじさんはテーブルの裏を指さした。

「でも、奴らは旨いと知っていたらしい。」

 さっ、と頭の中が真っ白になった。僕は慌ててテーブルの裏に駆け寄った。そこには、

「力レーパンマン?」

 力レーパンマンが、そこにいた。しかしいつもの笑顔を見せる事はなく、白目を剥いている。その顔の半分は何かに咬みちぎられた様になくなって、そこからどろりと自慢のカレーが流れ出ている。しかしそれは既に緑色に変色していて、死んでからかなりの時間が経っているのが分かった。と、その奥に、もう一つの死体を見つけた。嫌な予感がし、それは当たってしまった。

「蝕パンマン…。」

 蝕パンマンの方は更に酷く、首から上がなかった。その上片腕がなく、腹部も抉られて、ぽっかりと穴が開いていた。

「チーヌがやったのか…?」

 気が付くと、ヅャムおじさんが僕のすぐ後ろに立っていた。

「確かにやったのは、チーヌだ。しかし、何故そうなったか、お前分かるのか?」

 僕はゆっくりとヅャムおじさんを見上げた。

 恐ろしい程に、表情がなかった。疲れきった顔というか、とにかく何の表情も読み取れない。しかしそれは間違いだった。

「全部、お前が悪いんだよ。」


「僕が…?」

 と、ヅャムおじさんの顔が急変した。奥歯を噛みしめ、目をカッ、と見開き、まさに僕を凝視している。憎悪だった。表情が読み取れなかったのではない。僕がヅャムおじさんの憎悪の表情を知らなかっただけだったのだ。僕は恐ろしくなって飛び退いた。

「HIVマンだか何だか知らないけどな、お前がいなくなったおかげで、わしらは破滅した。お前がつまらない正義感に駆られなければ、わしらはずっと幸せだった。」

 ヅャムおじさんは恐ろしい表情のまま、僕の方に歩を進める。

「そんな…。僕はただ、HIVマンを…。」

 僕は一歩、また一歩と後ろに下がった。と、ぐちゅっ、と音がして、足の裏に奇妙な軟らかさを感じた。

「お前の正義感とやらは、お前の友人をも破滅させた。今、お前が踏んでいる、優しい友人達を、だ。」

 はっ、と見おろしてみると、僕の不用心な一歩で、力レーパンマンの顔は完全に崩壊していた。

「うわああっ!」

 僕はつんのめりながら、玄関の方に走った。

 胸一杯にどす黒い感情が流れ込んでくる。こんな空気から早く逃れたかった。

 しかし、僕は気付いた。

「…ベタ子さんは?」

 玄関の前で立ち止まり、僕はもう一度部屋の中を見回した。あるのは怒りに震えるヅャムおじさんと、潰れてしまったチーヌ。それにチーヌに喰われた、力レーパンマンと、蝕パンマンだけだ。ベタ子さんの姿がない。

「おじさん。ベタ子さんはどこ?」

 と、ヅャムおじさんの顔がみるみる萎びていった。苦悶の表情というやつだ。

「…ベタ子は、最後までお前を信じていた。」

 ヅャムおじさんはぐびり、とバーボンを煽る。そして一つ、げっぷをした。

「お前は必ず帰ってくる。そしてまた、昔みたいな楽しい生活が戻ってくる、とな。」

「ベタ子さんはどこなんだ!?」

 僕は堪らなくなって叫んだ。ヅャムおじさんは張り付く様な目で僕を見る。そして、一言。

「売った。」

「売っ……た…?」

 一瞬、意味が分からなくなった。

「ベタ子は、最後まで信じていたよ。きっとお前が迎えに来てくれるって。それまで頑張ってお金を稼いでくるって、そう言った。」

 ヅャムおじさんは顔をくしゃくしゃにして、泣いていた。しかし、僕の中では怒りが膨らんでいた。

「今、ベタ子さんはどこにいる…?」

 しかしヅャムおじさんはなかなか答えない。それが僕を不安にし、怒りを増幅させた。頭の中がちりちりと熱くなる。

「どこにいるんだ!」

 僕はヅャムおじさんの胸倉を掴み、乱暴に揺すった。そしておじさんはやっと答えた。

「ラグナロク…。」

 そこはこの国最低のスラム街で、赤線地帯。

「売春宿か……!」

 僕の怒りは頂点に達し、ヅャムおじさんの首根っこを掴んで吊るし上げた。

「あんた、あんた自分の孫を、そんな所に売り飛ばしたのか!?それでもあんた人間かよ!」

 するとヅャムおじさんは、苦しみながらも僕を睨み付け、ぺっ、と唾を吐きかけた。

「お前に、何が分かるんだ……!」

 激しい嫌悪感に駆られ、僕はヅャムおじさんを投げ捨てた。おじさんは壁にぶち当たり、うぐっ、と声をあげる。そしてぜえぜえと荒い息をして、絞り出すように言った。

「何もかも悪いのはお前じゃないか。お前が出て行かなければ、皆、幸せでいられたのに…!」

「そういうあんたは何をした!?」

 僕は部屋を見渡し、叫んだ。

「金を稼いで、ベタ子さんを迎えに行こうとは思わなかったのか?チーヌの薬代を稼ごうと思わなかったのか?蝕パンマンや力レーパンマンを助けなかったのか?」

 するとヅャムおじさんは、ぷい、と顔を背けた。僕はおじさんに駆け寄り、髪を掴んで無理矢理僕の方に向けた。

「あんたがやってたのは、ベタ子さんを売った金で、酒を飲んでただけじゃないのか!?」

 しかしヅャムおじさんは腐った魚の目で、僕を睨み付けるだけだった。そして、一言、

「お前は、悪魔だ。」と僕を呪った。

「この野郎…!」

 これほどの強い怒りは始めてだった。頭の中の餡が沸騰しそうだった。そしてヅャムおじさんは僕の怒りに拍車をかけた。

「突然やってきたお前をここまで育てたのに、お前は結局、わしらの幸せをぶち壊していった。お前は、悪魔だ。」

 この時、僕にはヅャムおじさんがHIVマン以上の悪魔に見えた。右手は爪が食い込むほど握り締められ、そして僕の頭は爆発した。

「アソペンチ!」


 気が付くと、僕の足元にヅャムおじさんがうつ伏せに倒れていた。よく見ると顔から血が流れ出ているのが見えた。

 と、僕は右手に何か握り込んでいる事に気付いた。何か軟らかい、生暖かい物。開いてみると、白く、ぬるぬるした物だった。いびつに潰れ、気味の悪い液体が流れている。摘み上げてみると、黒い部分が見えた。

 それは眼球だった。思わずぎょっ、としたが、よく見れば角膜の部分がうっすらと白く濁り、丁度、老人のそれの様な…。

 僕は慌てて倒れているヅャムおじさんに駆け寄った。恐る恐る身体を返してみると、身体は一目見ただけで、骨という骨がへし折られているのが分かった。そして出血していた顔には、目がなかった。血は、その真っ黒に穴の開いた眼孔から流れていた。

「ヅャムおじさん…?」

 返事が、ない。

「ヅャムおじさん…?」

 身体を揺するが、返事は、ない。

「ヅャムおじさん!」

 何度声を掛けても、おじさんはぴくりとも動かない。分かっている。死んでいた。

 僕はヅャムおじさんを殺してしまった。

 急に握り締めていた眼球の感触が浮かび上がり、僕はそれを本能的に投げ捨てた。

 僕はよろよろと退き、そして、

 何か叫んだ、と思う。

 僕は喘ぎながら、床に突っ伏した。涙が後から後から流れ出る。
 と、そこへ、

「見たぜ、アソパソマソ。」と声がした。

 玄関の方に顔を向けると、そこには人影が立っている。逆光でよく見えないが、しかし特徴的な角が二本、頭に生えている。

 人影はゆっくりと僕に近づき、僕の視点にまで腰を降ろした。その顔は、

「HIVマン……!」

 それは倒した筈のHIVマンだった。


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小説

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

彼女の場合 第二回

2 白い壁紙に青い文字。そのサイトのデザインはこの上なくシンプルだった。トップには『記憶とは』『忘れるとは』『忘却術とは』と、コンテ…

世田谷異聞 最終回

じんわりとした暑さを感じて目を開けると、そこには少し染みの浮いた白い天井が見えた。いつもの木目のうるさい天井ではない。僕は一瞬混乱…

我は所詮ロボット 第二回

 昼間僕が何をしているのかと言えば、本来の任務である未来を変える為の試行錯誤である。彼が持ち込む厄介事を解決する事でもある程度は変…

世田谷異聞 第二回

 改札を出た所で始めて、並平は雪が降っている事に気付いた。試しに息を吐いてみると、面白いように白い煙となって空に舞い上がっていく。…

空白の理由 2

2‐E 「何だか、切ない…。」 そう言葉を発する事がやっとだった。今の私の心はそ …

空白の理由 1

1‐A  僕が言葉を接ごうと口を開いたその時、目の前に奇妙な空白が現れた。「…… …

旅の果て 第三回

3 夕飯は大好きな煮魚だったが、味わう間もなくそれを掻き込み、私は早々に自分の部屋に戻った。部屋の中央に腰を下ろし、無意識のうちに口…

彼女の場合 第一回

1 これまでに色々な恋愛をしてきたけれど、今回みたいな結末は初めてだった。実際私の身には起こらないだろうと思っていたのだけれど、そ…

旅の果て 第一回

※この作品では表現上部分的に斜体を使っています。読みづらい方は、ブラウザの文字の大きさの設定で調節して頂ければ大きくなり読みやすく…

彼女の場合 最終回

4 FAQ。よくある質問。ネットだけではなく、様々な分野で使われる略語だ。しかし今回問題なのはそんなことではなく、以前はなかったこ…