きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

我は所詮ロボット 第一回

      2015/07/30   posted by

ゆっくりと目が覚めた。

 セルフチェックの傍ら辺りを見回すと薄暗く、僕はいつものように横の襖を開けようとした。が、そこには何もなく、僕の手は空しく空を切った。首を捻って目をやると、そこにはただ黒い空間だけが広がっていた。一瞬、混乱した。

 ここは、押し入れでは、ない?

 そういえば僕の腰の下には布団はなく、何故かごつごつとした肌触りに変わっている。胸騒ぎを覚えた僕はモードを切り替えて視界を鮮明にしてから、もう一度辺りを見回した。そして飛び込んできた光景に、僕は息を飲んだ。

 やはりここは押し入れではなかった。それどころか、辺りには見渡す限りの屑鉄が続いていた。どれも茶色く錆び付いていて、湿った鉄の臭いが鼻に着いた。

 僕は屑鉄の山の上にいたのだ。何かの部品であっただろう小さな物から、機械のフレームであっただろう大きな物まで、ここには無数の屑鉄が幾つもの山を築いていた。変な言い方だが、壮観だった。

 少し考えて僕は立ち上がり、


麓まで滑り降りる。目的は特にない。途中バランスを崩して頭から落ちてしまったが、可塑性ダマスカス鋼で出来た僕のボディーは平気である。しかし地面に叩き付けられた途端、目の前に大きな板が落ちてきた。思わず上を見上げるが、そこには何もない。不意に落ちてきた滴が僕の目を濡らした。視界が茶色く変色する。錆びた水だった。

 自然、落ちてきた鉄板に目を凝らす。あちこち腐食しているが、うっすらと青と白の塗装が残っていた。その色には見覚えがあった。何故か戦慄を覚えつつ、僕は自分の顔に手を伸ばす。と、ざらりとした異様な感触が走る。剥き出しの基盤と配線がそこにはあった。

 つまり、鉄板は僕の外装だったのだ。

「僕は錆びているのか……?」

 反射的にクロックを確認する。2055年6月24日、午後1時25分。昼の筈なのに、辺りは暗い。時差調整をしていないから、もしかすると日本ではないのかもしれない。そもそもクロックが正常なのか分からないが、感覚的にここは何かの建物の中である事は察しが着いた。しかし何故僕がここにいるのかが分からない。いつからここにいたのだろうか?錆び付いてしまう程、長い時間ここにいたのか?

 僕は原因を突き止めるべく、メモリーを検索する。きっと僕がここに来た経緯が分かる筈だ。しかし最後の記録は、

『2001年9月3日、午前2時11分』

「2001年9月3日……?」

 随分時間が経っているらしい。勿論その事に驚きはしたが、それ以上に日付に僕は驚かされた。9月3日。僕の誕生日だ。いや、製造日と言うべきか?尤も僕は(クロックが正常であれば)あと57年後にならないと作られない。非合理的な考えだが、最後の記録が僕の製造日である事実は否応なく僕を不安にさせた。それを振り払うかのように、僕はメモリーの検索を続けた。

 極限まで圧縮された映像と言語。解凍を試みるが、恐ろしく処理が遅い。直後電圧低下を知らせる警告が現れた。僕は首を傾げた。

 確かこの間の定期検査で核融合炉を交換した筈だ。水素を燃料とするから半永久的に電力は確保出来る。電圧低下は有り得ない。もしあるとすれば、それは、

「まさか…。」

 辺りの情景と総合して、僕はある一つの仮説を立てた。それを確かめるべく、セルフチェックの結果を呼び出す。結果を見て、僕は思わず天を仰いだ。予想通りだった。しかしその結果を信じられず、僕は自分の腹部に手を伸ばした。そこには開閉板があり、中の動力炉を直接見る事が出来る。が、それを確かめる前に、僕は新たな異変に気付いた。

 そこにはあるべき筈の物がなかった。ざらざらとした手触りだけしか感じられない。実際に腹部に目をやる。そこには錆び付いた外装があるだけだった。誰が一体、と考えた、その時、

 僕は全く突然に、しかし論理的に、全てを理解した。

 もう、疑う事は出来ない。既に理解してしまったし、恐らく間違いではないだろう。頃良くメモリー解凍も不完全ながらも終了した。固有名詞の殆どは失われていたが、特に支障はないだろう。僕はその場に座りこみ、もう一度セルフチェックを行う。補助電源の残留電力は後1時間程だった。

 しかし僕には充分な時間だった。
 


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小説

Comment

  1. オンライン小説 【エンターテイメント】

    ■オンライン小説(エンターテイメント)
     ※オンライン小説【小説・文学】のリンク集です。
     ※トラックバックできない場合には、コメント欄に記入して下さい。
     TB URL; http://blog.livedoor.jp/yakibuta298/tb.cgi/11275620

    ◇エンターテイメント関連 トップ相

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

旅の果て 最終回

4  朝日が昇る前に、私は洞窟の入口に立っていた。一歩足を踏み入れると昼間と違い、中は真っ暗である。何かに躓き、転びそうになる。慌…

彼の顛末 第三回

 夕暮れが迫っていた。 ここから見える夕日はいつもの様に美しいのに、赤く染められたこの街は、決して美しくなる事はない。何故ならこの…

我は所詮ロボット 最終回

 走査を終了し、僕は今一度辺りを見回した。一面の屑鉄が少しずつ侵食され褐色の大地を形成している。恐らくここは廃棄物処理場か何かだろ…

空白の理由 5(完)

4‐A・E  ずっと一緒にいたいと思っていた。  これまでの僕の世界は、 これま …

旅の果て 第一回

※この作品では表現上部分的に斜体を使っています。読みづらい方は、ブラウザの文字の大きさの設定で調節して頂ければ大きくなり読みやすく…

彼女の場合 最終回

4 FAQ。よくある質問。ネットだけではなく、様々な分野で使われる略語だ。しかし今回問題なのはそんなことではなく、以前はなかったこ…

世田谷異聞 第一回

何本目かの煙草に僕は火を点ける。肺の奥まで煙を吸い込むが、喉がちりちりと熱くなるだけで味は分からなかった。煙を吐き出すが、電灯を点…

彼女の場合 第一回

1 これまでに色々な恋愛をしてきたけれど、今回みたいな結末は初めてだった。実際私の身には起こらないだろうと思っていたのだけれど、そ…

旅の果て 第二回

2 この場所の様子を調べるため、またこのまま家にいても退屈だったので、私は外に出た。空気は粘りつくようで、容赦なく陽光が降り注いでい…

空白の理由 1

1‐A  僕が言葉を接ごうと口を開いたその時、目の前に奇妙な空白が現れた。「…… …