きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

グレゴリウス山田 「三丁目雑兵物語(上)」

      posted by


 先日のことです。何か面白い本でもないかといつものように熱帯雨(略)




 …ということで、発売は2018年の5月という、相変わらずの周回遅れな私ですが、気を取り直しまして、グレゴリウス山田先生の「三丁目雑兵物語」をご紹介しようと思います(略しすぎ)。とりあえず簡単なあらすじからです。







 多分都内のどっかにあるボロアパート。果てしなく昭和を感じさせる佇まいのこのアパートは、何故か世界各地から雑兵どもが集まる魔窟だったのだった…







 あれ、もうあらすじが終わってしまったよ、シャチョさん。もうちょっと詳しく言いますと、現代人の大家さんが古今東西の雑兵(軍隊の一番下っ端)に振り回されるお話です。




 で、この雑兵どもは全員何故か女性でして、こうなるとよくあるハーレム物かと油断しますが、そんなことは全然なく、各々が各々の行動原理(つまり雑兵の行動原理)に従って好き放題に振る舞い、大家さんは「嗚呼…」と呻くだけの内容で、はっきり言って内容はないです。




 …なんだろう、ちっとも面白そうに見えないぞ?そうか、ここで登場キャラの紹介をすれば良いのか。てことで、以下登場人物の紹介です。




・大家さん:ボロアパートの大家。寝てりゃ儲かる不労所得を目論むが、むしろ忙しくなっている。古今東西の雑兵たちに翻弄され、本気で迷惑している。本作唯一の男性




・足軽さん:日本は戦国時代の雑兵。すぐ略奪をしたがる(大家から)。平たく言えば田舎のチンピラ(作者談)




・チュートンさん:中世ドイツの宗教騎士団。異教徒に容赦ないが、自身の信仰心が揺らぎ気味。すぐ築城しようとする




・バイキングさん:10世紀北欧の戦士。やっぱり略奪に走る。やたらと肉弾戦に持ち込みたがるが、意外と子供好き




・コンドッティエーレさん:中世イタリアの傭兵。傭兵なので金にうるさい。ちょっと出番が少なめ。メガネっ娘




・ポチテカさん:中南米のアステカ帝国の武装商人。やっぱり金にうるさい。二言目には「生贄」と口走る。開放的な人




・アサシンさん:13世紀イスラム教の暗殺者。いろいろ謂れがあるが、謎な人。引っ込み思案で泣き虫。小動物を思わせる萌え系




・スパルタさん:古代ギリシャの兵士。めちゃくちゃ厳しいが、和を尊ぶ人。基本的にメシと筋トレ以外は何もしないグータラ




・スクワイアさん:騎士に着き従う従者。従者のわりには主人の選り好みが激しい。うまく使えば忠実なワンコ




 あれ、意外といるなァ。結構大所帯なマンガだね、コレ。さて繰り返しになりますが、彼ら雑兵どもは何故か全員女性でありまして、しかし大家さんとの恋に落ちるわけがなく、「やったぜ!水着回」があるわけでもなく、「キタぜ!温泉回!」など望むべくもありません。そもそもそんなにキレイな絵でもありません。




 ただ大家さんと雑兵どもがあーでもないこーでもないと、特に盛り上がりもなくワチャワチャするだけでして、惹句には「 戦国から中世まで無駄な知識が身につくこと間違いなし!! 」とあり、実際古今東西の雑兵に関する膨大な 知識が記されてはいますが、読後、頭には何も残りません。




 あれあれ、やっぱり面白そうに紹介出来ませんねぇ。しかしナァ、言葉にしづらい、よく分からない面白さがあるんですよ。大家さんと雑兵どもとの雑なやり取りとか、妙に心地良いテンポとか、キレイじゃないけど頭に残る絵柄とか、全然可愛くないけど、なんかカワイイ雑兵たちとか(個人的にはチュートンさんがかわいい)。




 先に「古今東西の雑兵に関する膨大な知識が記されているが、読後、頭には何も残らない」と書きましたが、案外、真のコメディってのは頭に何にも残らないものかもしれませんね。今思い付きましたが、「真の喜劇に教養なし」。いや、「真の喜劇に教訓なし」でしょうかね。そういう作品です。そういえば今回の記事の書き方も、本作に影響されたのか、なんか雑で、つまりこんな感じのマンガです(わかりにくい)。




 あー、えー、こんな文章で読みたくなる奇特人間はおらんと思いますが、一応オススメです。こちらで試読っつーか、本編のほとんどが読めやがるので、気に入ったら買ってあげてください。




 えー、おわり(なげやり)。



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

0
The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - 本・コミック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

魔界王子(5)感想

魔界王子devils and realist(5) [ 雪広うたこ ] 価格: …

きになる本、略して「きに本」(第1回、竹内結子著「ニオイふぇち」)

さて、このブログ、最近はアテネネタづいてるので、ちょっと目先を変えて、今回は映画に続いてのブログ新分野、本について書きたいと思いま…

樫木祐人 「ハクメイとミコチ」

 生きること、すなわち「人生」に意味はあるのか、という問いは誰しも一度は胸に抱く …

氷室冴子・山内直実「月の輝く夜に」感想

月の輝く夜に (花とゆめCOMICS)posted with ヨメレバ山内 直実 …

大石まさる 「水惑星年代記」

 さて今回は大石まさる氏の「水惑星年代記」をご紹介したいと思います。思えば大石氏 …

ヒカルの碁に思う。

 最近ヒカルの碁を見る機会がありました。 いや〜、かなりおもしろいですね。 主人公のヒカルが囲碁界を確実に駆け上がっていくのはわか…

あかやあかしやあやかしの(1)感想

【全品送料無料】あかやあかしやあやかしの 1/七生【RCP】 価格: 560円 …

霜月 絹鯊 「となりの柏木さん」

 私は暇さえあれば某書籍通  …もういいですね?まぁいつものように例の …

須藤真澄 「グッデイ」

 今回ご紹介しますは須藤真澄(愛称ますび先生)の「グッデイ」であります。ますび先 …

ノケモノと花嫁 感想

ノケモノと花嫁 THE MANGA 第四巻 posted with ヨメレバ 原 …