きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

いにしえゲーム血風録 十九回裏ドラフト1位登場「レイフォース(Lock On Laser編)」

      posted by

 前回までのアレコレ:「レイフォース」を遊んでみたくなったボンクラは、「レイフォース」を開発したタイトーの直営店に勇んで入店。特にドラマもなくカンタンに見つかり、「コイツはステキにオモシロカッコイイぜ!(魔神英雄伝ワタル風)」とどっぷりハマるも、生来のザルな集中力により弾避けに苦戦。ポンコツはやっぱりゲーメストに助けを求めるのだったのだった。

 

 

「ロックオンレーザーの極意!」

 

 …と、我らがゲーメストにデカデカと記事が載っています。どうして以前読んだ時に気が付かなかったのでしょう。このあたりが私の「ザル集中力」の由縁のような気もしますが、ともあれ渡りに船、早速記事を読んでみます。曰く、

 

「ロックしたらすぐに発射だ!」

 

 …いや、ロックしたら発射するだろう。なんでしょう、日本語で書いてあるのに理解出来ません。さてはゲーメストお得意の誤植でしょうか(代表作「インド人を右に(「ハンドルを右に」の誤植)」)。しかし「ロックしたらすぐに発射だ!」は何回読んでも「ロックしたらすぐに発射だ!」にしか見えません。どうやら文字通りの意味らしいです。しかしよく分からんので続きを読みます。

 自機の切り札「ロックオンレーザー」は、耐久力のある敵は複数ロックオン可能なのですが、フツーにプレイした場合、出来るだけロックしてから発射します。例えばロック可能弾数6発なら、6発全部ロックオンしてから発射するのです。しかしゲーメストによれば「1発ロックしたらすぐに発射」を繰り返せ、と言うのです。

 …つまり、事実上レーザーの発射ボタンを目押しで連打することになります。コレ、効果あるのか?しかし記事によれば、この「目押しレーザー」で攻撃すると、全弾ロックしてから発射するよりも早く敵を倒すことができ、つまり多く撃ち込むことが出来ると言うのです。

 …マジか!?これが本当なら、「ボスを手早く倒せる=弾避け時間が減る=ミスしない」という黄金定理が完成します!ィヤッホーゥ!喜び勇んでタイトーイン(パッと見『タトゥイーン』にも見える)へ突っ走る私でした。

 

 あっという間にタイトーインに到着。早速レイフォースをプレイです。取りあえず1面の道中は気楽にプレイし、いよいよ1面ボスに対面です。えぇと、ロックオンしてすぐに発射だな。早速ボスの本体に近づいてロックオン。いつもならロック可能な全弾をロックしますが、すぐに発射します。すると1発のレーザーがボスに命中します。うん、普通だ。

 しかしロックは「ピッ、ピッ」と続きますから、その度に発射します。すると単発のレーザーが矢継ぎ早にボスに命中していきます。…そうか、全弾ロックだと発射した後のリロード時間が全弾分かかりますが、この「目押しレーザー」だとリロード時間が1発分しかかかりません。なるほど、確かに早く撃ち込める!そしていつもよりも明らかに早く1面ボスを倒しました!

 おぉ…これはスゴイ!1面ボスのバラマキ弾を見ることなく倒してしまったではないか!そのまま2面ボスも速攻で倒すことができ、3面冒頭の中ボス「クモ型マッシーン」も3面ボスもカンタンに撃破!スゴイ猛威!全く!カンタン!だ!(ブルワーカー)

 

 そしてやってきました、問題の4面ボスであります。「バラマキ弾」、「ホーミングレーザー」、「機雷」の地獄の三重奏でコンチクショーなボスで、長期戦になればなるほどミスしやすくなる(個人の感想です)ボスです。しかし!今の私には!「目押しレーザー」がある!(ブルワーカー風)景清(源平討魔伝)よろしく「イヤァァァァ!」と4面ボスに飛び込みます(一部誇張があります)。

 とはいえ、敵の攻撃が激しいことには変わりなく、何機が撃墜されましたが、しかし「早く撃ち込める」ということでこちらの残機が尽きる前に4面ボスを撃破することが出来ました!やった!ゲーメストバンザイィィィ!(諸手)

 

 そして我らがX-LAYは更なる深淵へと足を踏み入れます。地面の下は広大な都市。道路が複雑に入り組んでおり、その上を輸送装置だか戦車だかが猛スピードで走り回っています。道路を走る敵機、これ即ちロックオンの的なり。ということで次々とロックオン!ボカーンボカーンと気持ち良く破壊していきますが、敵も物量戦術で来ますので、撃ちもらしが当然発生、みるみる上昇してきて無慈悲に弾をばら撒きます。で、水が高きから低きに流れるがごとく、必然として被弾(いいすぎ)。残機ゼロ。

 それでもなんとか5面ボスに到着。地下に通じる通路からバカデカい金色の人型ロボ(「C-3PO」ではない)が出て来ました!ググッと後ろに振りかぶり、まさかの鉄拳パンチ!精密機械であるはずの人型ロボなのに、どうしてニポンではすぐにパンチをするのでしょう。ともあれ何とかかわしますが、続けて肩のアヤシイキャノンから紫色セプテンバーレーザー(命名:ゲーメスト)を発射!雷電のプラズマレーザーのようにぐにゃっと曲がり、我がX-LAYを貫通。ゲームオーバー!ガデム!(アメリカン)

 

 …なんですか、この攻撃は!見てから避けることが到底ムリな攻撃であります。これは…、覚えろってことだね!でもクソ学生は金が無く、学習に必要な投資がむつかしいのです。ではどうするか?お分かりですね?ゲーメストです!(またか)

 「二度とやるか!バカヤロー!(画太郎風)」ではなく「もっかいやるからな!コノヤロー!(猪木風)」(脳内で)叫んだ私は、(妄想上の)流れる涙を拭うこともせず、(架空の)盗んだバイクで走り出し、(想像上の)夜の校舎の窓ガラスに突っ込みました。つまり家に帰ったわけです(ふつう)

 そそくさと部屋に転がっているゲーメストを開き、レイフォース攻略記事を読み込みます。何のことはありません、丸覚えです。ですから事実上、私のレイフォース攻略はここで終わるのですが、乗りかかった船、沈みかかった泥船、タイタニックフォーエバーですので(寝言)、一応事の顛末までお付き合い下さい。

 

 さて、ゲーメストに全面攻略記事が掲載されているのをいいことに、この小僧は丸暗記してしまいました。どうしてガッコーのベンキョーでもこの能力を生かさないのでしょう。まぁ人間、好きなことしか身に付きませんからね(正当化)。ともあれ、再びロボの元に辿り着き、ゲーメスト曰く「ロボの真横は安全地帯」ということなので、セプテンバーレーザーは回避!その後の誘導機雷も避け方丸パクリで回避!そして目押しレーザーでゴリゴリとダメージを与え、ロボはてつくずになりました(あえて平仮名)。

 思わず拳を握りしめる私!手柄はもちろんゲーメスト!加えて買ってきたのは兄者!しかしこの年頃ってのは、親の地位や親戚の芸能人を笠に着てイバるものですからね(正当化)。その後も先に進んではゲーメスト、ミスしてはゲーメストを繰り返し(最低)、また繰り返しプレイすることはバカでも効果があるようで、ある程度までは弾避けが上手くなり、4面ボスはノーミス、5面ボスでのミスも減り、いくらかの残機を残して先に進めるようになったのです。

 

 こうして6面の猛攻も潜り抜け(敵のレーザーがガンガン飛んでくるので、文字通り「潜り抜け」)謎エンジン(6面ボス)も目押しレーザーで撃破。ついに最終面に到達します。惑星中心核は真っ白な空間で、BGMも静かなものに変わります。しかしそれに反比例して敵機のスピードは最高速、スゴい勢いで突っ込んできます。

 対空ショットで高速敵機を叩き落とし、巨大な塔を昇っていきます。塔の表面にはパネルがあり、ここをロックオンレーザーで攻撃すると、モリモリパワーアップアイテムが出てきます。…これはもうすぐボスだ…。果たして塔の頂上、不気味な機械が浮かび上がります。ラスボス「Con-Human」です。

 が、この時の私はゲームの世界背景を何も知らないので、「なんかボス来た」としか思ってません(ポンコツ)。が、不安げに転調したBGMで、ラストバトルであることは感じ取りました。いよいよクリア目前!あとわずか!(安駄婆(源平討魔伝))

 

 

 敵の360°レーザー乱舞!

 これはゲーメスト直伝の「安全地帯」で回避!

 敵がブラックホールを発生させた!

 これにはゲーメスト直伝の「腕を壊せば消えるよ」で回避!

 ある程度ダメージを与えると第2形態へチェンジ!

 でもゲーメスト直伝で予習済み!

 

お前の手の内は、全てお見通しだ!(ゲーメストの手柄)

 

 

 そしてロックオンレーザーは「Con-Human」を撃ち抜き、爆発しました。やがて自機X-LAYは操作出来なくなり、デモが始まります。X-LAYは更に高く舞い上がり、塔の頂上にロックオン。無数のロックオンレーザーが撃ち出され…。惑星は消えました。

 エンディングを見ながら、私は「そうか、この星を破壊しに来たのか」とようやくゲームの目的を知ります。もぅ、コイツは両手両足いっぺんに捻挫でもすれば良いのに。やがてネームエントリーとなり、私は「AAA」と入れて、席を立ちました。冷静を装いつつも、この時の私の心臓は、それはそれは、速く速く、脈打っていたのでした。

 

 翌日、私は二次元氏に「レイフォース」をクリアした旨を告げ、スゲェ面白かったと声高に感想を述べました。すると二次元氏は「コイツ、今頃何を言っているのだ」と言わんばかりの、実に味わい深い、香ばしい表情を浮かべました。「あぁ、人間って、こういう表情が出来るんだ、なぁ」とボンヤリ思ったものです。

 その後も私は繰り返し「レイフォース」をプレイしました。ハイスコアを狙ってみたりもしましたし、SS版(レイヤーセクション)を購入した二次元氏の家で「縦画面モード」を寝転がりながらプレイしてみたりもしました(フツーのテレビは縦置きに出来ないので、必然的にプレイヤーが横に寝そべるしかない)。ここまでやりこんだのも、なにより純粋にSTGとして面白かったのが最大の理由でした。ですから後日、あまりに惚れ込んでしまったために、私は「レイフォース」のサントラを買いました。

 家に帰って封を切りますとライナーノートと共に、設定資料集が同梱されていました。ここで私はようやく「レイフォース」の物語を知ります。あまりも重たいその物語は、私をタイトーSTGの虜にする最初のきっかけとなりました。またサントラによって初めて腰を据えて「レイフォース」のBGMを聞いた私は、そのSTGらしからぬ美しさにスッカリシビれ、あっという間にタイトーサウンドチーム「ZUNTATA」のファンとなります。

 そしてタイトーの過去のゲームサウンドを漁ることを通して、レトロゲームの世界へと足を踏み込み、やがて「ダライアス外伝」「メタルブラック」をプレイすることになるのですが、それはまた別のお話であります。ここまでといたしましょう。

 

 

 

 

 それではまた、二十回表でお会いしましょう。

 



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - ゲーム, いにしえゲーム血風録

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

いにしえゲーム血風録 八回裏一死 「ハドソンキャラバンシューティング(スターソルジャー編)」

 さてさてハイスコア大会である「キャラバン」で大成功を収めたハドソンは、キャラバ …

現在プレイ中の女性向けゲーム

現在プレイ中の女性向けゲームの軽い感想などを述べたいと思います。 新装版 お菓子 …

いにしえゲーム血風録 五回裏バントホームラン 「ダライアス外伝(ウェーブ編)」

 前回までのあらすじ:雑誌ゲーメストで「ダライアス」とは何なのかを初めて知ったト …

いにしえゲーム回顧録 十回表 「サボテンボンバーズ(誘爆編)」

 さて今回紹介するゲームはNMKの「サボテンボンバーズ」です。NMKっていうと「 …

いにしえゲーム血風録 十六回裏魔球スカイラブ 「闘いの挽歌(盾撃編)」

 いままでの茶番:ついに後輩からファミコンを借り、中古屋でファミコンソフトを貪る …

話題のゲームエンジン「Unity」をちょっとだけいじってみた。

自分の所属している会で「Unity」というツールを紹介してくれた方がいました。 …

RE:VICE[D]買いました。

[amazonjs asin=”B00J88WDSW” …

いにしえゲーム回顧録 四回表 「ピンボール(EXTRA BALL編)」

  ゲーセンには、もちろんビデオゲームがたくさんありますが、しかしゲームはそれだ …

創業30年を越えるゲームメーカー:日本ファルコム

モエコさんに触発されて、きになるブログ Livedoor時代にはほとんど書かなか …

いにしえゲーム血風録 リリーフカーに球団マスコットがッ! 「絢爛たる『魂斗羅』戦記」

 さて今回ご紹介するゲームは、数多くあるACTの中でも数々の超弩級の伝説を作って …