きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

新春小話 「テーマパーク」

      posted by

「山田~!」

「なんだよ鈴木。」

「父ちゃんがさ、商店街の福引でテーマパークの招待券当てたんよ。」

「おぉ、スゲェな。お前の父ちゃん、人生の運の総決算だな。」

「そんなに褒めるなよ。で、2人ペアだからさ、」

「オレの姉ちゃんと行きたい、と。」

「…まぁ、そうなればどんなに良いだろうな…。」

「こっちが引くほどブルーになるな。で、オレも連れてってくれるのか?」

「ぃエス!行ってみようぜ!」

「で、代わりにオレの姉ちゃんの写真をよこせ、と。」

「…まぁ、オレの見果てぬ夢だがな…。」

「まぁ、今度、そのうち、いつの日か、写真やるから。で、どこのテーマパーク?」

「なんか、新しく出来た所らしいよ。」

「フーン。じゃあ、今度の日曜日に行ってみるか。」

「さんせいのはんたい!」

 

 

「ここか。そんなにデカくないんだな。」

「ちょっと広い公園くらいだな。え、と、『うりなぱーく』?」

「てことは、ここのゆるキャラは『うりなくん』か『うりなちゃん』だな。」

「いや、『うりなたん』だ!」

「ホントに鈴木は萌え大好きだな。とにかく入ってみよう。」

 

 

「アトラクション、というか遊具が、1、2、3…10か所か。」

「ジェットコースター的なモノとかお化け屋敷的なモノとかだな。」

「あとは食い物屋が2つと、お土産屋も2つか。ホントにちょっと広い公園だな。」

「山田~、オレ、ノド乾いた。」

「お前は欲望に忠実だな。そういえば、入場券と引き換えに『ウェルカムドリンク券』をもらったな。」

「なんだ、そのウェルカムって。」

「まぁ、『ようこそ、一杯どうぞ!』ってことだ。よし、まずはあそこで何か飲もうか。」

 

 

「え~と、コーヒー、ココア、紅茶に、豆乳?何故豆乳?」

「キウイスカッシュ、プルーンスカッシュ、スイカソーダに、果汁100%メロンソーダ?」

「山田、『キューカンバーシェイク』ってなんだ?」

「分からん。分かるやつを飲もう。お姉さん、オレ、メロンソーダ。」

「オレはお姉さんがいいな。」

「あ、無視してください。」

「オレは本気だ!」

「こいつには豆乳お願いします。」

「お姉さんのとうに」

「無視してください。」

 

 

「お前はホントに女が好きというか、そういう病気だな。」

「男子たるもの、女人を追い求めて、むべなるかな。」

「…そうしてくれ。よし、どれに乗ってみようか。」

「なんだろな、この『ブリザードクルーズ』って。」

「…大体想像はつくが、取りあえず乗ってみるか。」

 

 

「…ひたすら銀世界だな。」

「…ひたすらクソ寒いな。」

「延々とペンギンと白熊がウロウロしてるんだが…。ここはどこなんだ?北極か?南極か?」

「地球じゃないのかもしれん。」

「それは新しいな。」

「あ、オーロラ。」

「なんか前の方がえらく白いぞ。」

「ひゃああああああああああああああああああ!」

「吹雪じゃああああああああああああああああ!」

「だから『ブリザード』なんだろおおおおおお!」

「さみいいいいいいいいいいいいいいいいいい!」

 

 

「オレ、ココアがこんなに美味いと思ったの初めてだよ。」

「ホットの豆乳って、温まるな…。」

「さて!次、どれ行く!?」

「お前の物怖じのしなさはどういうガッツなんだろうな。」

「…なんだろな、この『バベルの図書館』って。」

「もうパンフ見てるのか?…『バベル』って、神話のヤバイ塔だよな。結構激しい系かも。」

「イイ!激しいの行こう!」

 

 

「…スゴイ量の本だな。」

「本棚?いや、本の量だろ。」

「そう言ってるよ?ていうか、雑誌とかマンガとかもあるな。」

「コレ、図書館というより、本屋だよな。」

「だよな、どの人形も立ち読みしてるし。」

「子供が座り込んで本読んでるな。」

「あの人形、万引きしてるぞ。」

「その向こうのおばさんの人形は、万引きGメンか。」

「この本、全部本物なのかな、本屋のあの匂いがする。」

「全部本物だろうな。ヘンなところに凝ってるな。」

「あ、乗り物止まった。」

「…動かないな。」

「ここで周りを見てろってことか?」

「え?この本と人形を?見どころは?」

「…万引き?」

「…えー…。」

 

 

「結局30分は停車してたな。」

「何がどう『バベル』なんだか…。」

「あ、オレちょっとトイレ行ってくる。」

「はいよ。」

 

 

「…え、お姉さん、あそこの大学なの?今度学祭案内してよ~。お、おかえり。」

「…掃除中だった。」

「ツイてないね~。どうする、別のトイレ行く?」

「いや、次のアトラクション行こう。」

 

 

「360°スクリーンで渓流の映像鑑賞って、コレ、どういうコンセプトなんだ?」

「…リラックス?かな?ひたすらチョロチョロだったな。…よし、トイレ行ってくる。」

「はいよ。」

 

 

「…え、ウチの高校じゃんか!2年生!?オレとタメじゃんか!あ、おかえり。」

「なんか、スッゲェ混んでて、入れなかった。」

「ツイてないね~。あ、お姉さんの妹さん、ウチの高校で、タメだって!」

「お前、スゴイな…。…悪い、しばらく待っててくれるか。トイレに行きたい。」

「あ、オレも行きたい。またね、お姉さん~。」

 

 

「あれ、掃除中だ。」

 

 

「ホントだ、スゲェ混んでるな。」

 

 

「ここも掃除中!?」

 

 

「なんでこんなに混んでるの!?」

 

 

「まずいぞ!」

「確かに、まずい!」

「こんな感覚は小学校以来だ!」

「オレは昨日の5限だったけどな!」

「どこかは空いてるはずだ。そうだ、パンフ貸せ。」

「はいよ。」

「園内マップで、出来るだけ離れたトイレを探そう。そこなら空いて…。」

「…どうしたよ?」

「…トイレが書かれてないぞ?」

「は?」

「園内マップにトイレが書かれてない!?」

「ウソだろ、ちょっと見せろ。…え?は?なんで?」

「印刷ミス?ウソだろ、おい!」

「そうだ、あのお姉さんにトイレ貸してもらおうぜ!」

「おぉ、従業員用だな!鈴木、今世紀最大のヒラメキだ!」

「おねーさーん!」

「おねーさーん!」

 

 

「お、おお、おおおおおおおおおおおお…。」

『本日は「ウリナパーク」にお越しいただき、誠にありがとうございます。』

「え?」

『人間の三大欲求は「食欲、性欲、睡眠欲」と言われていますが、もう1つ重要な欲求がございます。』

「…そうか!」

『その欲求を存分に満たしていただければと、当パークは願っております。』

「そういうことだったのか!」

『当パークのコンセプトはお気に召していただけましたでしょうか?』

 

 

「…あ、ゆるキャラだ。」

「…リボンしてるから、『うりなちゃん』だな。」

「…『うりなたん』だってば。」

「…黄色いな。」

「…黄色い。」

 

 

~ おしまい ~



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小話「ねぇ、ちゃんと風呂入ってる?」

 ~ とある中学校での一幕 ~  「山田~!」「な …

単発思い付き投げやり小話 「おいしいもの」

  遊山は車から降り、目の前の建物を一瞥すると、付き人の中山に言った。 「中山、 …

小話 「ゲーセンのふたり」

   ~ 時は20世紀末。あるゲーセンでの一幕 ~   「よ …

TOTOの由来について

 皆さん毎日必ずお世話になっているトイレですが、いわゆる便器のトップメーカーと言 …