きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

小話「ねぇ、ちゃんと風呂入ってる?」

      posted by

 

~ とある中学校での一幕 ~

 

 

「山田~!」

「なんだよ鈴木。」

「ねぇ、ちゃんと風呂入ってる?」

「…うん、入ってるよ。」

「おいおい、山田!姉ちゃんと風呂入ってんのかよ~!」

「…あ~、そういうことか。」

「山田は姉ちゃんと風呂入ってるんだってよ~!」

「…うん、だから入ってるよ。」

「山田は姉ちゃんと、…え?」

「だから入ってるってば。」

「…え?」

「うん、入ってるよ、姉ちゃんと風呂。」

「え…。」

「…。」

「…。」

「…鈴木はさ、オレの姉ちゃん、知ってるよな。」

「…うん。」

「どう思う?オレの姉ちゃん。」

「…あ、あの、え~と。」

「お前、オレの姉ちゃんのこと好きだよな、けっこう。」

「ああああのあの、えええ~と。」

「姉ちゃん、胸デカいもんな。」

「…。」

「…姉ちゃんと風呂入ってるよ。」

「…!」

「毎日。」

「えッ!」

「毎日、入ってるよ。」

「うぅ…。」

「…。」

「…。」

「…この間さ、鈴木の家で見せてもらっただろ?」

「…何を?」

「エロ本。」

「…!」

「あれ、いくらで買ってきた?」

「…650円。」

「…ふ~ん。」

「…なに?」

「いや、オレはホンモノをさ。」

「…。」

「見てるわけだよな?」

「!!!」

「ばいんばいんを、な?」

「!!!!!」

「それも毎日な。」

「まいにちッ!」

「しかも0円で。」

「ぜろえんッッ!」

「その上、エロ本では隠れてる所とかも、な?」

「はうぁッ!」

「まぁ、ウチの風呂狭いから。」

「かかか、かか、『から』?」

「うっかり触っちゃうこととかも…な?」

「あぁああぁあぁああぁあッッ!」

「ばいんばいんに、な?」

「アアァアァアアァアァアアァアアァアアァァァアッッ!!!」

「でも姉弟だし、普段から見てるから何とも思わないけどな。」

「ぅぅぅ…。」

「…。」

「…。」

「…聞いてみ?」

「え?」

「もう一回、聞いてみ?」

「…!?」

「オレの話、よぉぉく考えた上で、もう一回聞いてみ?」

「うぅ、うわぁああぁああ!」

「聞いたら姉ちゃんの写真撮ってこようかな~?」

「はぐッ!」

「さ、もう一回聞いてみ?」

「…ね、ね、ねぇ、ちゃ、ちゃ…。」

「ん?」

「…ねぇ、ちゃんと、風呂入ってる?」

「…うん!入ってるよ!姉ちゃんと!毎日!」

「わああああぁああん!」

「ばいんばいん!」

「ヒャァアァアアアァアアッッ!」

「あ、もちろん写真はナシな。」

「ウォォオオォオォオオオン!」

 

 

 

「ただいま~。」

「お、おかえり。」

「あれ、姉ちゃん、今日は早いな。」

「顧問の先生が風邪ひいて、部活がナシになった。」

「フーン。」

「あ、ちょうどいいや、ドクターペッパー買ってきて。」

「え~、めんどくせぇ!」

「お母さんにあのエロ本のこと言うよ!」

「クソ姉貴!買ってくりゃいいんだろ!」

「お釣り、ちゃんと返せよ~。」

「…こんな姉貴と風呂なんか入りたくねぇよ…。」

「なんか言った!?」

「言ってませ~ん。行ってきま~す。」

 

 

ー おしまい ー



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

単発思い付き投げやり小話 「おいしいもの」

  遊山は車から降り、目の前の建物を一瞥すると、付き人の中山に言った。 「中山、 …

TOTOの由来について

 皆さん毎日必ずお世話になっているトイレですが、いわゆる便器のトップメーカーと言 …

小話 「ゲーセンのふたり」

   ~ 時は20世紀末。あるゲーセンでの一幕 ~   「よ …