きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

いにしえゲーム血風録 十三回表 「メタルブラック(Born to be free編)」

      posted by

 今回ご紹介いたしますゲームは、何かと凝り過ぎるメーカーでお馴染み、タイトーよりSTG「メタルブラック」です。そもそもタイトーは演出やらシステムやら筐体の仕様やら、何かと凝り過ぎるメーカーであります。

 「東京を丸ごと再現しよう!」ということで、背景を全部東京上空にした「スクランブルフォーメーション」を作ってみたり、「むつかしい謎を散りばめよう!」ということで、表100面、裏100面、隠し要素満載で、しかも暗号付きの「バブルボブル」を作ってみたり、「超弩級のゲームを作ろう!」ということで、豪快に3画面繋げた「ダライアス」を作ってみたりと、毎回フルスイングを辞さないメーカーであります。

 今回ご紹介するメタルブラックもご多分に漏れず、色んな面で凝っています。いや、タイトーの凝り過ぎ体質の塊とも言えまして、本作を発端に、その後タイトーは「濃い」STGを2本発表します。「ダライアス外伝」や「レイフォース」がそうで、どちらも凝りに凝った作品でありました。下手すると中二病まっしぐらな香ばしい匂いがしますが、しかしはっきり言いますが、私はそんなタイトーSTGが大好きです。

 

 それでは恒例のストーリー紹介から始めることにいたしましょう。

 

 

 「西暦2042年、木星軌道上に出現した彗星の影響で、地球は無数の隕石群に襲われた。地表は荒廃し、わずかな人類が生き残ったが、そこへ突如謎の侵略者が襲い掛かる。圧倒的戦力差の前に地球側は全滅の危機に瀕したが、調査の結果、侵略者は時を同じくして出現した謎の物質『NEWALONE』を用いた兵器を使用していることが分かった。地球側はこのテクノロジーをコピーし、『CF-345 ブラックフライ』を作り上げ、一大反抗戦『METAL BLACK』を計画する。しかし実行直前、突如地球政府と侵略者は『人類の宇宙進出の禁止』を条件とした和平協定を結ぶ。ブラックフライは封印され、和平協定により人類は荒廃した地球に閉じ込められた。しかし、真の自由を勝ち取るため、1人の兵士がブラックフライを強奪、敵本拠地があると思われる木星軌道上の彗星『ネメシス』を目指し、飛び立ったのだった。」

 

 

 …重ッ!暗ッ!そして長ッ!ねッ!?凝り過ぎでしょう!?これがタイトーです!文明の壊滅!敵テクノロジーのコピー!1人ぼっちの宇宙戦争!もう思春期の少年の妄想そのものです(褒めてますよ)。私達も少年に戻って、思う存分妄想にひた走りましょう!それではシステムの紹介です。

 

 このゲームは強制横スクロールSTGです。レバーで8方向に移動、ボタン1で前方にショットを撃ち、ボタン2でビーム解放(後述)を行います。敵、敵弾、地形に当たるとミスになり、残機を全て失うとゲームオーバーとなります。残機は得点でエクステンドします。全6面で、各面最後に待ち受けるボスを破壊すればステージクリア、最終面での展開によってエンディングが変わる、マルチエンディングとなっております。

 次にパワーアップです。自機ブラックフライは、画面上に漂う赤青緑の3色の玉がくっついた物質「NEWALONE」を取ることで画面下のゲージが上昇します。ゲージは「1-2-3-4-5-MAX」とレベルの目盛があり、各目盛までゲージが達するとショットがパワーアップします。具体的には「ショットの威力が上がる」ことと「ショットが大きくなる」ことです。自機のパワーアップはこれだけで、スピードアップとか対地攻撃とかバリアとか、そういう気の利いたものはありません。

 次にビーム解放についてです。ブラックフライはゲージに溜め込んだエネルギーをボタン2で解放することが出来ます。すると前方に強力なビームを撃つことができ、レベルが高い時に解放すれば奥様ウットリ極太ビームを長時間放射出来ますが、レベルが低いと奥様ガッカリ細いビームが短時間しか放射出来ません。またレベルMAX時にビーム解放を行うと画面全体に拡散ビームを撃つことができ、これには敵弾を消す能力もあります。この時ボタン2を押しっぱなしにしておくと、ビームを前方に集中させることが出来ます。

 しかしビーム解放は途中で停止出来ず、ゲージが空になるまで続きます。したがって、ビーム解放を行うと、自機のショットレベルは最低まで戻ってしまいます。しかし案ずることなかれ、NEWALONEは画面外からドシドシ出現しますので、惜しむことなくビーム解放することをお勧めします。

 

 さてここで各面のボスとの戦いについてご説明いたします。先述の通り、ブラックフライは敵テクノロジーをコピーした機体であります。ということは、敵ボスもブラックフライと同じ能力を持っていることになります。そしてNEWALONEはドシドシと画面内に漂ってきます…。もうお分かりですね!?敵ボスもNEWALONEを取り込んで、強力な攻撃をしてくるのです!

 敵ボスは通常の攻撃に加えて、NEWALONEを取り込んでからの極太ビーム攻撃をしてきます。画面の20%は占めるような攻撃ですから、下手すると逃げ場を失ってオダブツとなってしまいます。しかし!目には目を!歯には歯を!ビームにはビームを!ということで、ブラックフライのビーム解放によって応戦することが出来ます。ブラックフライのビームと敵ボスのビームがぶつかり合うとビーム干渉が起こり、巨大なエネルギーボールが発生します。このボールはビーム出力の弱い方へと移動していき、敵ボスにぶつけることが出来れば大ダメージを与えることが出来ます。しかしこちらに飛んで来れば、もちろん吹き飛びますので、ご用心を。

 

 それではステージをご紹介しましょう。地球を旅立ち、宇宙を舞台に、ブラックフライの前には様々な困難が待ち受けています。

 

・1面:地球

 隕石により砂漠化した地球。所々に高層ビルの廃墟が見受けられ、タンカーや空母などが転がっている。強奪されたブラックフライを止めるため、地球側の戦闘機が襲い掛かるが、その先には侵略者の不気味な姿が見えた

・2面:地球~月

 大気圏を脱出し、一路月へと向かう。ブラックフライを止めようと放たれる、地球側のミサイル。そしてブラックフライを迎え撃つ侵略者の猛攻。しかし先に進むにつれ、見慣れたはずの月が2つあることに気が付いた

・3面:スペースコロニー跡

 隕石群によって破壊されたスペースコロニー。内部は侵略者の前線基地となっていた。地球側の物質と融合し、歪な姿をした侵略者たちの猛攻は緩まない。そしてその最深部、奇妙な生物が目に入った

・4面:異相次元

 木星への近道として異相次元に突入する。巨大な岩が行く手を阻み、ガラス状の球体がブラックフライの攻撃を封じ込める。いよいよ木星への出口を目前に、巨大な侵略者の戦艦が姿を現す

・5面:木星軌道上

 遂に木星に到達する。敵の本拠地「ネメシス」を探すが、奇妙な洞窟に迷い込んでしまう。内部は侵略者達の巣となっており、奇怪な生物が跋扈する。洞窟を脱出し、木星表面に接近するが…

・6面:???

 木星を通り過ぎ、岩だらけの場所を進む。遠くには銀河系が見える。ここはどこなのか?考える間もなく、侵略者達が襲い掛かる。やがて複数の宇宙が生まれる場所へとたどり着き、そこで最後の敵と対峙する

 *正直、4面と6面はどう説明して良いのか分かりません。いや、本当に舞台がどこなのか分からないのです。ですから、ここでご説明したのは、あくまでも私の解釈ですのでご了承ください。

 

 

 さてメタルブラックはストーリーの重厚さもさることながら、非常に演出が優れています。1面の荒廃した地球は何故か美しさすら感じますし、2面のボス登場のインパクト、3面の廃墟や5面の木星表面の描きこみ、そして6面のシュールな背景などは、原色、蛍光色、中間色と、ありとあらゆる色彩を効果的に使い、さらにラスタースクロールで浮遊感を存分に演出しています。

 

 またBGMは秀逸の一言に尽きます。非常にメロディアスな名曲ばかりで、ある意味RPGで使われるようなBGMなのですが、しかし「本作のBGMはこれ以外に有り得ない」と思わせるほど、画面演出とマッチしています。それもそのはず、本作はBGMと画面演出が完全にシンクロするように調整してあり、特に2面は中盤の敵のラッシュ地帯に入ると、BGMも激しい曲調になり、ボス戦に入る直前にBGMが終わるようになっているのです。なんですか、この凝りようは。まさにタイトーの面目躍如と言えるでしょう。

 

 そして肝心のゲーム内容ですが、正直、非常にむつかしいSTGです。というのは、敵の出現位置や攻撃パターンは決まっているのですが、肝心の「いつ攻撃してくるか」がランダムであるようなのです。ですから「この敵は3WAYを撃ってくる」と分かっていても、いつ撃ってくるか分からないので非常に避けづらく、終始アドリブが要求されているような難易度となっています。

 また先に「NEWALONEは画面外からドシドシ出現します」と述べましたが、時折全く出現しない場面が多々あります。まぁ、簡単にエネルギーが溜められてビーム解放を連発されたら困りますから、当然の調整なのでしょう。結果として、しっかりとエネルギーのマネジメントをしなければいけないわけですが、そこで先の「アドリブ的な敵攻撃」がネックとなるわけです。

 つまり「あの場面でビーム解放しよう」と思っていても、敵の思わぬ攻撃でビーム解放してしまい、肝心の場面でスッカラカン、ということが多々あるのです。一見、攻略上マイナスに思えますが、しかしゲームの面白さとしては、毎回緊張感を持った新鮮な気持ちでプレイ出来る、とも言えます。いやぁ、ゲームバランスってなかなかむつかしいものですね。

 

 さて本作がある種カルト的な人気を博している理由は、他ならぬエンディング内容でした。このエンディングは当時、非常に物議を醸しました。様々な解釈が可能なエンディングで、あーでもない、こーでもないと議論が交わされました。というか、現在も物議が醸され、議論が交わされ続けています。

 そんなことを知ってか知らずか、公式見解は現在も示されておらず、つまりプレイヤーの数だけエンディングが存在するゲームとなったわけです。今でこそ「プレイヤーそれぞれがエンディング内容を解釈する」というのは珍しくありませんが、恐らく本作が最初だったのかもしれません。このようなエポックメイキングの意味でも、本作は今でも熱狂的に支持されているのです。

 

 現在ではPS2でプレイが可能ですが、今はもうPS4だもんねぇ。案外都心のレトロゲーセンで稼働しているかもしれませんが、おそらくむつかしいでしょうから、こちらで濃い演出をご覧ください。かつて、こんな無茶なゲームがあったのか、と心震えていただければ幸いであります。エンディングは…、皆様にお任せいたします。

 

 さてメタルブラック発表は1991年。丁度私がゲーセン小僧だった頃です。どのようにプレイしたのでしょう。そしてエンディングは…?それは次回にお話することにいたしましょう。

 

 

 続きます。



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - ゲーム, いにしえゲーム血風録, トドメ氏

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Eテレ「デザインあ」

 ネットの普及により、以前に比べてテレビの視聴時間が減ってきていると言われて久し …

いにしえゲーム血風録 一回表 「ファイナルファイト(原始肉編)」

 今回紹介しますゲームは、カプコンの地位を盤石なものにしたと言っても過言ではない …

いにしえゲーム血風録 十回の攻防 「グラディウスとオレ(スピーダ!編)」

 さて本作「血風録シリーズ」も結構な回数を重ねました。ひとえに生暖かい目で見守っ …

小話 「ゲーセンのふたり」

   ~ 時は20世紀末。あるゲーセンでの一幕 ~   「よ …

いにしえゲーム回顧録 九回表 「エスケープキッズ(予選編)」

 今回はコナミの「エスケープキッズ」を取り上げてみますが、アレ?このコーナーでコ …

いにしえゲーム回顧録 ヒーローインタビュー 「その他数多のゲームたち」

 さて、これまで色々な「ネットではあまり見ないゲーム」をご紹介してまいりました。 …

いにしえゲーム血風録 リリーフカーに球団マスコットがッ! 「絢爛たる『魂斗羅』戦記」

 さて今回ご紹介するゲームは、数多くあるACTの中でも数々の超弩級の伝説を作って …

いにしえゲーム回顧録 十七回表 「海底大戦争(超音波魚雷編)」

 さて今回ご紹介しますのはシューティングの鬼軍曹、アイレムより「海底大戦争」です …

JDK BAND Live 2015 in NIHONBASHI MITSUI HALL のチケット発売してたのね~。

以前お伝えした、JDK BANDの情報きてたとお伝えしたあと、チケットはいつなの …

いにしえゲーム血風録 六回裏 「リッジレーサー(MT編)」

 リッジレーサー以前、つまりラスタースクロールによる疑似3Dレースゲームは、もち …