『薔薇王の葬列』6巻感想

本・コミック
スポンサーリンク
久しぶりのブログでございます。
さて、今回は『薔薇王の葬列』6巻の感想でございます。

今回の表紙はウォリック!緑に赤毛の非常に濃い表紙です!!

5巻でヘンリーへの愛を自覚したリチャード。
再び別れの時を迎えますが、再会を約束して別れます。
ウォリックの乱は佳境へ。とうとうエドワードとの諍いの決着がつきます。

この巻、ヒッジョーに萌えポイントがあります、てかありすぎます!!!!
モテモテのリチャード!彼の想いを寄せてるっぽいケイツビー!
同じリチャードに恋する者同士として距離の近づくアンとエドワード王子!
仲良しヨーク三兄弟!
ちっちゃいベスも可愛すぎ!
そして、貪欲に王を求めるウォリックの哀しさ・・・
ラストの引きもたまらないです。

次の7巻は限定版にドラマCD付くそうです。もちろん予約したよ!

時代に翻弄される者のすれ違いがたまらない、薔薇王の葬列。
秋にはステージイベントがあるとか。
詳しくは、特設サイトの更新を待て!!
薔薇王の葬列 | 特設サイト

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
1+
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました