菅野文「薔薇王の葬列」4巻感想

本・コミック
スポンサーリンク
先月発売した薔薇王の葬列4巻感想です。ネタバレあり。
表紙はリチャードの兄、エドワードです。いろいろな意味で薔薇に囚われる彼。。。

ヨークに捕まったヘンリーと邂逅することなく、兄の意向でウォリック伯に預けられるリチャード。
そこでウォリックの娘アンと安らぎの時を過ごします。
しかし、ほんの少ししたすれ違いで再び絶望の底へ...
ていうか落ち込み過ぎぃ!!仕方ないけど...

リチャードの不興を買ったと知ったウォリックはフランスへと渡り、なんだかんだとアンはランカスターのエドワード王子と結婚することになってしまいました。
うわー、どうなっちゃうの!?リチャードとアンは!?
更にウォリックはリチャードのもう一人の兄、ジョージと手を組み、とうとうエドワード王に反乱を起こします!!

なんか前巻はリチャードとヘンリーがいちゃいちゃするだけで、イマイチストーリーは進んでる感じがしなかったのですが、今回の巻はかなり濃密です!!
たくさんの登場人物がそれぞれの思惑を含み、動きます。
とくにウォリック伯が大活躍!反対にヘンリーは少ししか登場しません。

次の巻では女装姿wのリチャードがたくさん見れそうです。
ただ思うんだが、なぜエドワード王子はリチャードが男装(厳密には違うけど)してることに、疑念とかもたないんだろうか汗
男装って当時としては背教行為なんでしょ?日本人は深く考えなくていいのか?

とりあえず次の巻が楽しみです。雑誌買いたいくらい!!でも我慢我慢。。。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました