「鷺草 大津皇子とその姉と」感想

本・コミック
スポンサーリンク
「天つ雷鳴」で古代史、ていうか大津皇子ブームが来た私。
他にいい本ないかなーと検索して、この本を見つけました。
内容は大津皇子と大伯皇女の悲恋ものです。
幼い頃に母をなくし、寄り添うように生きてきた姉弟が、やがて男女として愛し合うようになって…みたいな内容。
「天つ雷鳴」では大津の、「天上の虹」では大伯の片思いでしたが、この本では両想い。
でも大津皇子が刑死してしまうという、厳然たる歴史の事実がある以上、結局悲恋になってしまうのです。
個人的にこの本の大伯が大好きです。
誰よりも清浄で美しい斎王でありながら、凛として気丈な姫皇女。
大津との愛はどこまでも純粋で、清らかで美しい。
大津皇子と大伯皇女が好きな方なら、絶対に読んでほしい本です。

ただ…

持統天皇が典型的なヒールです。あと草壁皇子がダメ息子です。
石川郎女と御名部皇女と阿へ(字出ない)皇女はよく書かれてません。
天武天皇、高市皇子、山辺皇女、川島皇子とかのファンの方は安心して読める?かな。
割と登場人物が絞られてるので、藤原不比等あたりは出てきません。
あと脇役の舎人采女たちがいい味出してます。

一部の登場人物が悪役過ぎるのを除けば、大津皇子と大伯皇女の美しすぎる愛に泣けます。
純愛小説を久しぶりに読んだ私はとても感銘を受けました。
やっぱり古代史好きだなあ…


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました