きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

わたなべぽんさんのファンです&新刊感想

      2015/07/30   posted by

普通の少女漫画が大好きですが、気楽に読めるコミックエッセイもいいものです。
しかも片付け本や料理本、貯金本などは実生活でも役に立つ!
本屋のコミックエッセイコーナーへ行くとどの本を買うかとっても悩みます。
その中でもとっても大好きなのは、わたなべぽんさんの本です!
初めて読んだのは、この本です♪

この本が出たのはだいぶ前ですが、今でも十分役に立つと思う!
カツカツ女子のまりもちゃんが周りの人たちに助けられながら、1年で50万の貯金を達成するまでのお話です。
とにかくまりもちゃんに共感します。本人には無駄遣いの自覚ないのに何故か貯金なし。むしろカツカツ。
でもそんな彼女の成長を見てると、私も頑張ろうって思わずにはいられません。
あとお供のぴよが可愛い!
プロのFPさんが原案・監修なので実用性もばっちりです。
続編の
家計簿いらずの 年間100万円! 貯金術 新米夫婦がやりくり上手になるまで
も面白い!まりもちゃんの旦那さんのひのきくんがまたいい人なんだなあ。

そしてぽんさんの代表作にして大ヒットコミックエッセイ!
この本は決して単なるダイエットのテクニックを伝えるだけの漫画じゃありません。
ダイエットを通じて精神的に成長していくぽんさんの姿にめっさ共感します。
ダイエットってただ痩せるだけじゃない、自分を好きになっていくことなんだって、本当に思います。
もちろん
もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
も必読です、

そして今日買ってきた新刊!
も面白い!ぽんさんのデビュー作「桃色書店へようこそ」に描き下ろしを加えた復刻版です!
内容はこのタイトルそのまんまです。
ただ違うのは、スリ真似の主人公はあくまでぽんさん自身だったのに、この本の主人公は本屋にやってくる個性的なお客さんたちや同僚たちだということです。
人情味あふれるエピソードを読んでると胸がじんわりしてきます。
そして、その中にも性の本質とはこうではないか、と思わせることもあって、すごいなあと思います。
そして相変わらずぽんさんの素直で謙虚な性格に共感します。

次に読んでみたいのは、
です!なかなか手に入りにくいみたいですが、地道に探します!
そしてこれからもぽんさんの本を読み続けたいなあ。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

 - 本・コミック

Comment

  1. todome より:

    コミックエッセイは私も大好きですが、いかん、この方は知らなかった!特に「Hな本屋さん」は気になりますので、近々探してきます。

    • moeco より:

      コメントありがとうございます!
      わたなべぽんさんは今もっとも旬なコミックエッセイ作家の1人だと思っております!
      「Hな本屋さん」はやっぱり気になっちゃいますよね!
      絵はとてもかわいいけど、内容はちょっとドキドキしますよ~!

  2. todome より:

    早速購入して読了いたしました。お客様と同性である身としては「あぁ・・・分かるなぁ・・・」と共感しつつ、エロに必死な様は中坊の頃の自分を見るかのようなこっ恥ずかしさも感じてしまいました。
    また自分は良く知らないフェチについても詳しく(でも爽やかに)説明されていて、大変勉強にもなりました。いやぁ、奥が深いですね。
    これからも何度か読み返すでしょうし、他の作品にも触れてみたいと思います。良い本を紹介していただき、ありがとうございました。

    • moeco より:

      わざわざ購入して読んでくださってありがとうございます!
      貴重な男性視点の感想を聞けて、とても嬉しいです。
      なかなか勉強になる本ですよね。ちょっと読むの恥ずかしいけど(汗
      奥が深い…私もそう思います!
      ぜひぽんさんの他の本も読んでみてくださいね。
      こちらこそ本当にありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

石黒正数 「木曜日のフルット」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り …

樫木祐人 「ハクメイとミコチ」

 生きること、すなわち「人生」に意味はあるのか、という問いは誰しも一度は胸に抱く …

大石まさる 「水惑星年代記」

 さて今回は大石まさる氏の「水惑星年代記」をご紹介したいと思います。思えば大石氏 …

あかやあかしやあやかしの(2)感想

あかやあかしやあやかしの 2 (MFコミックス ジーンシリーズ) (コミックス) …

カート・ヴォネガット 「タイタンの妖女」

 今回ご紹介するのは、私と実にフシギな因縁のある作品(思い込み)、「タイタンの妖 …

山川直人 「写真屋カフカ 2巻」

 さてこの度(と言っても去年の9月)、あの「写真屋カフカ」の第2巻が発売されまし …

ハクメイとミコチの7巻が出たよ

そういうわけで、年に一度のお楽しみ、「ハクメイとミコチ」の7巻が発売されました。 …

大橋ツヨシ、帰還! 「オハヨー!半世紀高校」

 みなさん!帰ってきましたよ!大橋先生が帰ってきましたよぅ!思えば昨年末、遅れば …

今日泊亜蘭 「海王星市から来た男/縹渺譚」

 いつもは熱帯雨林で本を物色している私ですが、実のところ、本漁りの多くの時間を費 …

トランスな漫画たちの紹介!薔薇王の葬列など。

最近、自分の好きな漫画の傾向がわかってきました。 私は紹介で書いてある通り、腐女 …