薔薇王の葬列3巻感想

本・コミック
スポンサーリンク
3巻感想です!
透明感のあるヘンリーが表紙。

この3巻ではかなり大きく話が動きます。
エリザベスを王妃にしてしまう兄エドワード。
フランス王ルイとの成約を反故にされ怒るウォリック伯。
初めて自分が王になることを意識するリチャード。
歴史が大きく動くのを予感させる展開になります。

それ以外にも人間的ドラマも大きく展開します。
三度再会するリチャードとヘンリー。
雨が続く中数日間一緒に寝食を共にします。
それを見て激しく嫉妬を燃やすエドワード(兄貴じゃないほう)。
この辺りはかなりニヤニヤと読むことが出来ます~。
今まではヘンリーにつっけんどんだったリチャードもとうとう彼に心を許します。
でもまだお互いの素性を知りません。
しかし、最後別れる時、再会を示唆します。

リチャードとヘンリーの距離が近づいていくのも楽しいですが、エリザベスの悪女っぷりも見もの。
兄貴の恋に盲目っぷりもイライラするけど笑える。
3巻はとっても楽しく読めました!

菅野文先生のツイッターによると、4巻発売は7月16日だそうです!
コミックス派の私としてもとても楽しみです!

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました