ノケモノと花嫁 感想

本・コミック
スポンサーリンク

「少女革命ウテナ」などで有名な幾原邦彦監督と人気BL漫画家中村明日美子先生がタッグを組んだ、ロリータ・ハードボイルド漫画です。 連載されてるのがKERAというストリートファッション雑誌という、ちょっと毛色の変わった漫画でもあります。 さすがファッション雑誌掲載なだけあって、非常にオサレ感があるというか、実にハイセンス、非常に中村先生の持ち味が生かされてます。 BL漫画メインの中村先生の女の子キャラがたくさん見れるというのも嬉しい。 世界観は世界観で、幾原監督が原作なだけあって、どこまでが現実なのかどこまでが夢なのかよくわからんという、例えるならウテナの黒薔薇編のような不思儀世界観です。もうちょっとわかりやすくして欲しいという気がしないでもないですが、雰囲気重視ならこれでいいのかな。

ストーリーは一巻まで遡ると、お裁縫得意な美少女ひつじと熊のきぐるみを着た謎の少年イタルが駆け落ちする、というストーリーなんですが・・・何故かこの二人のストーリーが全然進まない!!四巻まで来て、本当に進んでない! テーマ自体は非常に重いです。一巻から考えるとこんな重いテーマとは思いませんでした。もっと気楽な漫画かと思ってました。

キャラはまろにえとみゆたんが好きです。かわいい。でも嫌いなキャラいないし、みんな好きかな。 あ、晶午はきもいと思ってます。

はよ決着点が知りたいですが、どうなんるんですかね。四巻時点じゃ全然わからない。 とりあえず、ひつじとイタルには結婚してハッピーになってほしいです。


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました