アルオスメンテ第5巻感想

本・コミック
スポンサーリンク
あき先生の描く華麗なる宮廷絵巻、待望の第5巻です。

今回はエンジェルの父、パパのターン、略してパパタンです。
簡単に言うと過去編ですね。

自分の子であるレグナなど、全く興味なかったパパタンが少しずつ親としての感情を取り戻すお話です。
だんだん親バカになっていくキアンに感動しつつ、最後の悲劇的結末には茫然とするばかりです。

うう…泣ける…!
どうしてこうなってしまったのか!

そして相変わらず美麗なカラー!
肝心の賢者の占いが全然進んでないような気がしないでもないですが、やはり最後が気になります。
個人的に主人公のレグナが大好きなんだよなー。
なんだかんだとキアンと似てるよね。
早く次の巻が出てほしいです。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました