あかやあかしやあやかしの第6巻感想

本・コミック
スポンサーリンク
久しぶりの感想でございます。
緊迫の第6巻。ミコさまが表紙です。祝初女の子!

今回の巻はおまけ除くと、かなりシリアスな展開です。
全ての謎、というかあいまいだった過去が鮮明になっていきます。
何故、空環が影の町になったのか、嵯峨野とは何者なのか、灯吾の母朱音が何故失踪したのか・・・

そして由は何をすべきなのか・・・

もう次巻が気になって仕方ない!!ていうかコミックス派なので早く出て欲しい!

しかし、この漫画40万部も売れてたんですね。
掲載紙がマイナーなことを考えるとすごいかも。
もとは有名とはいえ同人ゲーなのに。
七生先生が元のゲームをかなり噛み砕いて漫画化してくれたおかげかも。

うーん、PSP版はやってないので、vitaに移植してくれないかなあ。
ほんと切にそう思います。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました