きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

いにしえゲーム回顧録 一回表 「スノーブラザーズ(概略編)」の巻

      2015/07/30   posted by


  ~ 前口上 ~

  さてタイトルの通り、私がこれまで遊んだゲーム(家庭用、アーケード不問)の話をしようってコトなんですが、昨今のネット事情から言うと、有名タイトルはことごとくレビュー済みで、その上キレイな画像やクリア動画、果てはスーパープレイなんてのもざらにあるわけなんですよ。となると、ここで改めて書く必要なんかあるわけなく、リンクでも貼っとけば良いわけなんです。

  しかしまぁ、時にはね、ネット上にちょっとしか出てこないゲームもあるんですよ。動画はもちろん、画像もない、テキストで数行「○○で遊んだ。良かったと思う」みたいなので済んじゃってるゲームがあるんです。ここではそういう、「ネットであまりみたことない、私の遊んだゲーム」をなんとなく紹介しよう、そしてこれを読んだ奇特な方が動画をどっかにアップすることをボンヤリと願おう、という他力本願なコラムであります。なので、基本、画面写真はなく、字ばっかりですのであしからず。

 あ、でもどっかで詳しい記事を見つけたらお知らせくださると、私、幸せです。

 

  で、今回は東亜プランの「スノーブラザーズ」であります。東亜プランというとアレです、かつての縦シューの雄ですね。有名なところだと「究極タイガー」とか「TATSUJIN」とか「V・V」とか、もう縦シューばっかなんですけど、緊急回避のボンバーを発明したエライメーカーさんです。で、やがて「むつかしいインフレ」をやっちゃってなくなっちゃったんですけど、そこのスタッフが別の会社を立ち上げて弾幕系シューティングの開祖「首領蜂」を作っちゃうんですが、それはまた別のお話。

  さてそんな東亜プランですが、結構アクションも作ってたりします。「ワードナの森」とか「フーピー!!(脱衣系)」とか、なかなか練り込まれたシステムのゲームをひっそりこっそり作ってたのです。その中の一つが今回の「スノーブラザーズ」なのです。

  ストーリーは「姫さんがさらわれたので、助けに行くオレ達だったのだった。」という黄金不文律なので、割愛。とっととシステムを紹介しましょう。

 固定画面の面クリ型アクションで、レバーで移動、ボタンでジャンプと雪玉ショットです。ステージ上の敵を全滅させるとステージクリア、敵に触れるか、敵の攻撃を食らうとミス。全50面の王道システムです。

 で、敵の倒し方なんですが、敵に雪玉ショットをぶつけると雪に埋もれ、しまいにゃデカイ雪玉になります。これを蹴り飛ばすと(密着してショットで蹴り飛ばせる)画面中を転がり回り、最後は壊れて敵が吹っ飛ぶ、という寸法です。この敵雪玉は他の敵を巻き込むことができ、一個の敵雪玉で多くの敵を巻き込むと高得点です。

 敵を倒すともれなくアイテムが出現。主に得点アイテムの「寿司」ですが、たまにパワーアップアイテムの「クスリ」が出現します。青はショットパワーアップで敵を雪玉にするスピードが上がります。黄色はショットの飛距離が伸びます。赤は自分の移動速度が猛烈にアップします。緑は自分が巨大化し、一定時間無敵です。

 ・・・なんかまんま「バブルボブル」じゃね?という感じですが、このゲームの最大の醍醐味はこの「雪玉」にあります。敵を巻き込む楽しさもありますが、実は自分も巻き込まれることができます。しかもこの時、自分は無敵です(一部敵の飛び道具に当たるとミスですが)。すると敵もろとも画面中を転がり回り、また他の雪玉にぶつかってあらぬ方向へ反射したりして、思う存分暴走!壁にぶつかってボカーン!でもオレ平気!というカタルシスを味わうことができます。

 この雪玉暴走によるある種のドリフ感は非常に楽しく、でも稼ぐためには戦略的に敵を雪玉にし、蹴り飛ばさなければならないという、そこのところはやっぱり東亜プラン、というゲームでした。

 実戦プレイの模様は次回の「裏」でご紹介します。



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - ゲーム, いにしえゲーム回顧録, トドメ氏

Comment

  1. galthie より:

    バブル・ボブルに似てるw
    「todome」さんのプレー動画をあげられば楽しくなりそうですが、権利的に難しいでしょうかねぇ。

  2. galthie より:

    MAMEって録画機能とかあったような気がしたので。
    だだ、Emuはグレーゾーンだろうからなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

現在プレイ中の女性向けゲーム

現在プレイ中の女性向けゲームの軽い感想などを述べたいと思います。 新装版 お菓子 …

いにしえゲーム回顧録 クロスプレー審議中 「MOON」

  PSと言えば「高画質」「大作」というイメージがありますが、しかし初代PSには …

いにしえゲーム血風録 九回裏魔球攻略 「源平討魔伝(諸行無常編)」

 これまでの経緯:遅ればせながらもPS「源平討魔伝」をプレイし、そのイカス世界観 …

いにしえゲーム血風録 一回裏死球乱闘 「ファイナルファイト(MASAMUNE!編)」

 前回までのあらすじ ファイナルファイトに邂逅するも、屋上遊園地の凶悪な難易度に …

いにしえゲーム血風録 ちょっとハイボール買ってくる 「リズム天国」

 前シリーズ「いにしえゲーム回顧録」の「がんばれギンくん」の回で私は、&nbsp …

あかやあかしやあやかしの(2)感想

あかやあかしやあやかしの 2 (MFコミックス ジーンシリーズ) (コミックス) …

いにしえゲーム血風録 五回裏バントホームラン 「ダライアス外伝(ウェーブ編)」

 前回までのあらすじ:雑誌ゲーメストで「ダライアス」とは何なのかを初めて知ったト …

Wii-U 「Knytt Underground」

  今回はWii-Uのダウンロードソフト「Knytt Underground」を …

小話 「ゲーセンのふたり」

   ~ 時は20世紀末。あるゲーセンでの一幕 ~   「よ …

いにしえゲーム回顧録 七回表 「エレメカ百景(A Clockwork Orange編)」

  昔に比べ、ゲームは非常に身近なものになりました。「生まれた時から携帯ゲーム機 …