きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

小話 「ゲーセンのふたり」

      2015/07/30   posted by


 

 ~ 時は20世紀末。あるゲーセンでの一幕 ~

 

「よー。」

「おー。早いな。」

「んー、ダルいから抜けてきた。」

「日数足りんのか?」

「そこは計算してる。」

「んー。」

「…あ、珍しい。」

「滑った。」

「このスピードだと、もうダメか。」

「だなー。あー、ほらなー。」

「だなー。カンストか。」

「2時間ちょいだね。」

「もつねー、50円で。」

「まー、下行こか。」

 

「お前ほんと好きなー、テトリス。」

「あー、結局もつのよ。あ、コーラで。」

「2時間もてばなー。ほい。」

「ありがと。粘るにはテトリスだなー。」

「まー、一回200円で5分とかはなー。」

「そんなんばっかだからな、最近は。」

「格ゲーも早ぇーよなー。」

「対戦で勝つってもなー、限度がなー。」

「場の空気とかなー。」

「相手がキレたりなー。」

「ま、でも、2時間はスゲーわ。」

「んー、要は慣れよ?」

「そんなもんか?」

「そうよ?まずオレ、イメトレしてるし。」

「おー、修行だ。」

「イメトレしとくと、ミスのカバーがしやすいんよ。」

「おー、達人だー。」

「でな、テトリスって、平らな方が良いんよ。」

「ほー。」

「で、出来るだけ平らを維持すると良いんよ。」

「あー、何が来てもなんとかなる、みたいな。」

「そうそう。で、そういうイメトレなのよ。」

「どんなのが来ても、平らにする。」

「そー。組み合わせに慣れるっていうか。」

「どう組み合わせると、こういう形になる、みたいな。」

「そー。そういうイメトレ。」

「なんかカンタンそうだな。」

「バッ、お前分かってないねー。」

「そうなん?」

「結構むつかしいもんよ、コレ。」

「そうなんすか、師匠。」

「誰が師匠か。まぁいいや。例えば、テトリスってさ。」

「んー。」

「7種類ブロックあるだろ?」

「えー、棒だろ、四角だろ、S字だろ、逆S字だろ?」

「んー。」

「T字だろ、L字だろ、あとは逆L字か。」

「すごい、免許やる。」

「やった。で?」

「んー、それで四角作んのよ。そういうイメトレ。」

「カンタンじゃね?」

「そうか?結構出来ねぇぞ?」

「え、棒4つ並べれば四角じゃんか」

「お前天才だな。でもそういうんじゃないのよ。」

「なんか縛りあんの?」

「んー、一回ずつしか使えんの。」

「おー、それでやんのか。」

「どうよ。出来るか?」

「ちょい待って。このゲーセンノートに書いてみる。」

「まぁやってて。オレ、コラムスやる。」

「ホント、落ちモノ好きな。」

 

 

ーおわりー



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

最新記事 by todome (全て見る)

 - トドメ氏, トドメ氏の小話

Comment

  1. galthie より:

    懐かしいっすな。
    こんな風景ありまりましたなぁ。
    私は「ファイナル・ファイト」とか「ダブルドラゴン」とか、なんかみんなでわいわいできるゲームが好きでした。
    「テトリス」はゲーセンもだけど、ゲームボーイで大流行りした印象があります。
    「todome」氏といえば、アキバのレトロゲーセンでの「バブル・ボブル」のねばりっぷりがすごかったですね。
    というかねばりというか普通にうまいということです。
    あとはシューティングもうまかった。

    • todome より:

       最近のゲーセンは知りませんが、昔はこんなだったのよね。ファイナルファイトも懐かしいなー。あれも「もつ」ゲームでした。
       さてお気付きでしょうが、今回のお話はゲーセン懐古のお話ではありません。是非チャレンジしてみてください。

  2. galthie より:

    うーん、初見は違和感なく読んでしまいましたが、
    テトリスのルール説明がなんかおかしいような、平を維持するのではなく、一列あけて、縦棒で4行消していくのが一番点数高いような。
    なんか論点違いますかね・・・。
    ギブアップでしょうか(;´Д`)

    • todome より:

       文中の「7種類のブロックを1回ずつ使って、四角形を作る」という問題なんです。確かに平らにしてばっかりだと、高得点は狙えませんもんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小話「ねぇ、ちゃんと風呂入ってる?」

 ~ とある中学校での一幕 ~  「山田~!」「な …

いにしえゲーム血風録 九回裏魔球炸裂 「源平討魔伝(草薙剣編)」

 これまでのあらすじ:折に触れては源平討魔伝を見かけるも、その度にクソむつかしさ …

長嶋 有 「ねたあとに」

 今回はこのブログにしては珍しく、私のオススメの小説、長嶋有氏の「ねたあとに」を …

TOTOの由来について

 皆さん毎日必ずお世話になっているトイレですが、いわゆる便器のトップメーカーと言 …

山川直人 「一杯の珈琲から」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り …

いにしえゲーム血風録 十回の乱闘 「グラディウスとオレ(ディストーイ・ゼモール!編)」

 さて、エラそうに「ある決心」とは言いましたが、なんのことはありません、単に装備 …

いにしえゲーム血風録 え?カチワリあるの? 「悪魔城伝説」

 今回はコナミより、「悪魔城伝説」をご紹介しましょう。「悪魔城伝説」はFCの…。 …

いにしえゲーム血風録 リリーフカーに球団マスコットがッ! 「絢爛たる『魂斗羅』戦記」

 さて今回ご紹介するゲームは、数多くあるACTの中でも数々の超弩級の伝説を作って …

いにしえゲーム血風録 九回裏 「源平討魔伝(八咫鏡編)」

 時は1990年。中学生になった私はまだゲーセン小僧ではなく、もっぱら友人の家に …

いにしえゲーム血風録 十七回裏 「ドルアーガの塔(ゴールドマトック編)」

 さてAC版ドルアーガの塔がリリースされたのは1984年。この頃の私はまだゲーセ …