氷室冴子・山内直実「月の輝く夜に」感想

本・コミック
スポンサーリンク
昔の私にとって、氷室冴子先生と山内直実先生の書く漫画は、まさしく青春の書とも言うべき存在でした。
小説のほうの話ですが、今でも氷室先生の「銀の海金の大地」は続きが読みたくて仕方ありません。
だから、先生がお亡くなりになった後、山内先生が「なんて素敵にジャパネスク人妻編」を漫画化してくれたのは嬉しかったんですけど・・・早々に挫折しちゃいました。

まず元々の原作が、嫌いではないにせよ好きなほうではない。(主人公の瑠璃に共感できない)
山内先生の絵柄がかなり変わってしまった。(以前あった華やかさがなくなってしまった)

この2点のせいです。
でも、この「月の輝く夜に」が漫画化されていると知ったとき、とても読みたくなりました。
原作小説がレビューなどで「碧の迷宮に雰囲気が似ている」と知ったからかもしれません。
そういうわけで、読みやすいであろう漫画のほうを購入して読んでみました。

うーむ・・・これは・・・

とても静的な話だと思いました。
主人公の喜志子はジャパネスクの瑠璃と違って、おっとりぼんやりしたお姫様。
本人も自分のことをそう思っているし、多分周りからの評価もそう。
そんな彼女が、親子ほど年の離れた恋人、有実の娘晃子を自宅に預かることになります。
晃子の存在は水に石を投げ入れた時の波紋のような存在で、その波紋が喜志子に心境の変化を起こします。
でも波紋はいつかは消えてしまうもの・・・

なんというか、登場人物全員が不幸なままで終わるという・・・ちょっと救いがないというか。
ぶっちゃけ喜志子はあんまり感情移入できないタイプだし、晃子は可哀相過ぎだし。
オチもあるんだかないんだかの結末を迎えます。

でも「碧の迷宮」が好きな私にはこの雰囲気が結構好きです。
漫画としては淡白すぎる感じもしますが(主人公が動かないので仕方ない)、読めてよかったです。
原作も今市子先生のカバーで刊行されているそうなので、いつか読みたいと思います。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

moeco

こんにちわ、今回新しくメンバーに加えていただいたmoeco(モエコ)と申します。 すでに記事はいくつか書いているので、読んだ方はお分かりだと思いますが、私は『THE腐女子』です。 といっても、腐オンリーというわけではなく、ノーマルなカップリングも大好きな乙女ゲーマーでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました