きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

空白の理由 5(完)

      2015/07/30   posted by


4‐A・E

 ずっと一緒にいたいと思っていた。

 これまでの僕の世界は、
 これまでの私の世界は、

 ただ自分一人がいるだけだった。
 自分一人がいるだけで、世界に意味はなかった。

 そこへ貴女が現れて、
 そこへ貴方が現れて、

 世界に意味が加わった。
 毎日が楽しくて、全てが色鮮やかで、何もかもが美しく見えて、そして隣には、

 貴女がいる。
 貴方がいる。

 でも、一つだけ不安がある。

 僕は貴女の、
 私は貴方の、

 重荷になっていないだろうか?

 貴女に僕は頼ってばかりいる。
 貴方に私は頼ってばかりいる。

 でも、
 こんなことを話しても、

 きっと貴女は優しいから、
 きっと貴方は優しいから、

「そんなことないよ」って言うに決まってる。

 だから別れを告げた。

 わたしがあなたの、

 重荷になる前に。

 世界はまた意味を無くして、
 自分一人がここにいる。
 でも、

 これで貴女は自由になって、
 これで貴方は自由になって、

 もっと幸せになれるに違いない。

 でも、
 でも、

 逢いたい、

 あなたに。

 ‐了‐



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小説

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

空白の理由 4

3-E 「始めよう」 口の端をきゅっと締めて、私は言った。それを合図に、私達はど …

彼の顛末 第三回

 夕暮れが迫っていた。 ここから見える夕日はいつもの様に美しいのに、赤く染められたこの街は、決して美しくなる事はない。何故ならこの…

彼女の場合 第二回

2 白い壁紙に青い文字。そのサイトのデザインはこの上なくシンプルだった。トップには『記憶とは』『忘れるとは』『忘却術とは』と、コンテ…

我は所詮ロボット 第一回

ゆっくりと目が覚めた。 セルフチェックの傍ら辺りを見回すと薄暗く、僕はいつものように横の襖を開けようとした。が、そこには何もなく、…

彼女の場合 第三回

3 何かが変わった、というより、私には何が変わったのかが分からない。だから心が軽くなったとか、快適な生活になったとか、そういった感…

旅の果て 最終回

4  朝日が昇る前に、私は洞窟の入口に立っていた。一歩足を踏み入れると昼間と違い、中は真っ暗である。何かに躓き、転びそうになる。慌…

世田谷異聞 第三回

快活なヌネの声が並平に起きるよう促す。 しかし並平は既に起きていた。実際は眠らなかったのである。しかもそれが既に二週間も続いている…

世田谷異聞 最終回

じんわりとした暑さを感じて目を開けると、そこには少し染みの浮いた白い天井が見えた。いつもの木目のうるさい天井ではない。僕は一瞬混乱…

我は所詮ロボット 最終回

 走査を終了し、僕は今一度辺りを見回した。一面の屑鉄が少しずつ侵食され褐色の大地を形成している。恐らくここは廃棄物処理場か何かだろ…

空白の理由 3

3-A 「始めよう」 口の端をきゅっと締めて、美穂は言った。それを合図に、僕達は …