きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

空白の理由 2

      2015/07/30   posted by


2‐E

「何だか、切ない…。」
 そう言葉を発する事がやっとだった。今の私の心はそう表現するしかなかったのだ。雄介の提案に沿って、ただ『幸せ』について考えていただけなのに、何故か心は力を失い、悲しく、やり切れない気持ちで一杯になってしまって、そこから一歩も進めなくなってしまった。どうして『幸せ』を思い描いただけで、こんなにも悲しくなってしまったのか?私は自分の心が分からなくなっていた。
 そんな私の心の揺らぎを受けて、雄介は私の手に自分の手を置いて、ゆっくりと首を振った。私は頷き、気を落ち着ける為に目の前の紅茶に手を伸ばした。雄介の手が離れる。少し震えているようだった。紅茶を一口飲むと、花にも似た香りが私の鼻と喉をくすぐる。不思議なもので、それだけで幾らか心が落ち着き、涙も止まりつつあった。
 それを見届けて、雄介が少し安心した様子で口を開いた。
「もういいよ。これで十分だ。」
 その口調は何か確信めいたものが含まれていて、どうやら雄介はこの不可思議な空白の断片を掴んだらしい。私はカップを置いて雄介の言葉に耳を傾けた。
「『幸せ』の話から、俺達は何かの話題に飛んだ。でもそれは、気楽な内容ではなかったみたいだ。」
「切ない話だった…っていう事?」
 雄介は黙って頷いた。しかし私は納得がいかなかった。確かに私は『幸せ』について考えて、突然切なくなってしまったが、それは私個人の事情かもしれない。無意識の内に、私の切ない記憶が思い出されただけなのかもしれない。だから、忘れ去られた話題が切ない話だったと結論付けるのは早すぎるように思えた。その事を雄介に告げると、うん、と頷いてから言った。
「普通ならそうかもしれない。でも、やり切れなくなったのは君だけじゃないんだ。」
 私は思わず息を飲んだ。つまり、それは雄介も、
「俺も、何だか悲しい気持ちになったよ。」
 そう呟いて、雄介は煙草に火を点けた。自分を落ち着ける時の彼の癖だ。瞬間、甘い香りが広がる。少なからず、雄介も同様しているようだった。
「最初は普通に『幸せ』について考えていた。意味的というのかな。具体的なイメージじゃなくて、単語が次々と浮かんでいくだけだった。別に感情は伴ってなかったよ。でも…。」
「でも、何?」
 灰皿に灰を落として、雄介は続けた。
「でも、美穂が泣いているのを見たら、急に感情が湧き出してきた。重苦しくて、何だか悲しい…。」
 そして雄介はため息を吐いた。本当にやり切れない、そんな表情だった。
 雄介も私と同じように悲しい感情に襲われたらしい。しかし、疑問が浮かんだ。
「…でも、それは私が泣いてしまったのを見たからじゃないの?」
 私の感情が移ってしまったのではないか。物語の主人公に感情移入して、同じような気持ちになってしまうようなものだ。雄介は普段冷静だが、反面そういう点では繊細で、つまり涙もろい。今回もそういう事のように思えた。しかし雄介は即座に否定した。
「いや、これはそうじゃない。もっと中から、俺の内面から浮かび上がってきた感情だよ。『幸せ』を想う事で、俺の中では何故か暗い感情が湧き上がった。そして君の言葉を聞いた時に、俺の中にはそれは弾けて、もうその感情しかなくなった。」
 そう結んで、雄介は煙草を揉み消した。
「じゃあ、やっぱり…?」
 そう問い掛けると、雄介は頷き、応えた。
「俺達はあの後、何か悲しい話題を話していたんだろうな…。そしてそれは、」
 そう言って雄介はまた煙草に火を点けた。雄介も少なからず動揺しているのだろう。雄介は深く煙を吸い込んでから、言葉を継いだ。
「俺達に共通する、何かだったんだろう。」
「共通する…?」
 私は意味はその意味が分からず雄介に問うた。すると雄介は事もなげに応える。
「だってそうだろう?一方にだけ、例えば俺にとって悲しい出来事だったのなら、俺は悲しい想いをしても、美穂はそれ以上の感情を抱くことはないだろう。せいぜい、同情といった所だろうな。なのに今、二人とも悲しい感情を抱いてしまっている。」
 しかし同情が強くなり、結果同じ感情を共有する事だってあるだろう。私がその事を口にすると、再び雄介はゆっくりと首を振った。そしてはっきりとした口調で言った。
「この感情はそういう類のものじゃないよ。間違いなく、俺自身が体験したものだ。そうでなければ、あんなふうに内側から湧き出てこないよ。」
 つまり、私達は同じ悲しみを共有しているということになる。しかし、
「…それって、何?」
「え?」
 不意を突かれたようで、雄介はきゅっ、と目を見開いた。
「私達に共通する悲しいことなんでしょ?それって、何?」
 そう尋ねる私には勿論、何も思い当たらないのだ。
「共通しているってことは、雄介も体験したことなのよね。それも多分同じ時、一緒にね。でもそんなことあった?そりゃあケンカとかもしたけど…。」
 そのまま続けようとすると、雄介は手で制した。
「ちょっと待った。同じ時とは限らないんじゃないのか?」
「どうして?共通することなんでしょ?」
 雄介は煙草の吸いさしを揉み消し、少し考えてから口を開いた。
「確かに一緒だった可能性は高いよ。でも、一緒に体験しなくても共有する時もあるだろう?」
 その問い掛けに少し考え込んだが、思い付かない。仕方なく私は首を傾げた。
「例えば、美穂が指輪を無くしたとしよう。で、その指輪は俺がプレゼントしたものだったとする。」
「ピアスの一つもくれたことないのにね。」
「……で、その指輪は二人が始めてデートした時に買ったもので、言わば思い出の品という訳だ。」
「そういうロマンティックなシチュエーションも、一応は頭にあるんだ。」
「………で、指輪を無くした事実に最初に気付くのはもちろん、美穂だ。そしてこの時点で悲しくなる。」
「そういう想い、してみたいけどねぇ…。」
「…………で、その事実はやがて俺の耳に入り、残念な気持ち、つまり軽い悲しい感情になる。」
「そうかな。『そんなのあげたっけ?』とか言って、すっかり忘れてそうだけどな。」
「……………今度プレゼントするから、黙って聞け。」
 私は大人しく、口を閉じた。それを見届けて、雄介は続ける。
「つまり少々のタイムラグがある訳だ。でも俺達に共通していることに変わりはない。」
「そうか、確かにその場に一緒にいることに必要はないのか。」
 私の感想に雄介は満足そうに頷いた。
「そう。だからこの場合は『俺達に共通した出来事』であると考えた方が良い。」
「…でも、それってさっきの私の言ったことと、どう違うの?結局探し物は同じじゃないの?」
「いや、さっきの『一緒に体験したこと』だと、取りこぼしがあるかもしれない。そういう方針で探していくと、今の例みたいな『俺達に共通した出来事』を見逃す可能性があるだろ。」
 ここでようやく私は違いを理解した。要は探す範囲の広さの問題なのだ。そして結局、私達に関するエピソードを総ざらいすれば良いのである。
 待てよ。ということは、
「気が進まないな…。それって、私達に共通した、切ない出来事を思い出さなきゃいけないってことでしょ?」
 すると雄介も苦笑しながら頷き、
「そうだな。そういうことになる。」と応えた。どうやら雄介はその事は既に予測済みらしい。しかし私はその苦しさを知っている。というのは、
「私の友達にね、そういうことした人がいるんだ。」
「悲しい思い出ばかりを思い出そうとしたのか?物好きな人だね。何かの修行なのか?」
「なんかね、忘れるために思い出したとか言ってたよ。よく分からないけど。」
「…やっぱり修行じゃないのか?」
 雄介は目を丸くしている。実はその後、その友達は忘れたものを思い出すために、また思い出そうとしたという、聞いても余計に分からない行動を取ったのだが、そんなことよりも重要なのは、
「でもね、やっぱり相当苦しかったって。涙が止まらなくなるんだって。」
 それ聞いて雄介はそうだろうな、というような納得の表情を浮かべた。確かに誰だって辛い思い出なんて思い出したくない。それを連続して思い出さなければならないなんて、雄介の言葉通り、まさに『修行』だろう。私にはとても耐えられそうにない。しかし雄介はそんな私の不安を掻き消すように言った。
「俺達の場合、そんなに多くの事を思い出す必要はないだろうな。」
「どうして?」
「俺達は『幸せ』について考えていたんだ。それなのに急に悲しくなった。つまり、幸福と悲しみが同時に存在する記憶ということになる。そんな出来事はなかなかないだろう。」
 確かにそんな感情が複雑に絡み合った出来事は滅多にないだろう。私のささやかな人生でも数少ないと思う。それならばしかし、尚更分からなくなる。
「じゃあ、どうして思い出せないんだろう…?」
 そんな特別な記憶なら覚えているはずだ。でも私の中でその部分はぼやけた灰色だった。
「…それほど、強烈な感情が絡んだ話だったんだろう。俺達の思考を強制的に停止させる程の、強烈な感情なんだろうな…。だからこそ、進めなくなったんだ。」
「感情が記憶に影響するってこと?ちょっと想像できない。」
 すると雄介は力なく微笑んだ。
「それは誰もが無意識に行っているからさ。記憶は感情によって、実際よりも大幅に脚色されるんだよ。楽しければより楽しく、悲しければより悲しくね。そういった感情に強く色付けられた事実は強く記憶に残り、再生しやすくなるものさ。美穂も思い出には必ず強い感情が一緒になっているだろう?」
 確かにそうだ。逆に言えば、強い感情のない出来事は記憶されても出て来ないということか。
「そしてあまりにも強烈なマイナスの感情が込められた場合、それは自己防衛のために忘れられるんだ。」
「それって、交通事故とかの直前の記憶がないとかってこと?」
「そう。ただ、忘れるということは人間の記憶が失われることじゃない。思い出せなくなるだけだ。それはある面では不便だけど、しかし一方で救いでもある。どんなに辛い記憶でも、オブラートで包み込むように、ぼやかして、淡くして、忘れさせてくれる。だから人間は辛い記憶に押し潰されず、前へと進んでいけるんだよ。」
 そして雄介は一呼吸置いて、私に尋ねた。
「でも、これからやろうとすることは、その救済を放棄することだ。」
 じゃあ、私は『それ』を忘れたかったんだろうか?それなら掘り起こすべきではないのかもしれない。
「どうする…。そんな思いまでして再生することなんだろうか…?」
 同じように、雄介は静かに問うた。しかしその奥にははっきりと緊張が見えていた。私は、
「……………………。」
 その時、私は『止めよう』と言おうとした。でも言葉にならなかった。それは何か、見えない力に押さえ付けられるような、丁度、雄介が言っていたような、あの『幸せ』の先の再生を拒んでいるものと同じような、訳の分からない力だった。
 今私の中には二つの力が拮抗している。再生を拒むものと、再生を促すもの。でもそれは何だか分からない「何か」ではなくて、間違いなく私の一部である感触があった。私の中で、二人の私が争っている。
 第三者としての私は、どちらに見方するべきか。しかしそれはもう決まっていた。だって『止めよう』って言えなかったから。私は見たいのだ。どうして幸せなくせに、切ない気持ちになってしまったか、その空白の真実を。そこにはきっと、大切なものがある。だから私は今度こそ力を込めて言った。
「やって、みようよ。」
 途切れ途切れの私の言葉に、雄介が顔を上げた。私は雄介の目を見つめながら、
「それって、すごく、大切な事だったと思うんだ。だってそうでしょ?私達に共通する悲しい出来事を、どうして私達は忘れてしまっているの?じゃあ、私達はその思い出をオブラートに包んで、なかった事にして、誤魔化しているってことになるよ。」
 すると雄介は柔らかく微笑んだ。まるで私の答えを予想していたように。雄介の瞳には先程の緊張と共に、強い意志も感じられた。きっと雄介も同じように自分の中の二人の自分をジャッジしたのだろう。そして私と同じ結論に達したのだ。
「でも、その友達のように苦しい思いをする必要は、必ずしもないとは思うんだ。」
 雄介の言葉に私は少し驚いた。私の中では既にこれから行われる苦行に対してある程度の覚悟が出来ていたからだ。なのに空振りのような気分になってしまった。そんな気持ちが顔に出てしまったのだろう、雄介は苦笑を浮かべ、人差し指を立てて言った。
「だってそうだろう?俺達の入口は『幸福』であって、『悲しみ』じゃない。美穂も言ったじゃないか、『最初から始めていけば良い』って。」
 そうだ、私は暗い感情を恐れるあまり、肝心なことを忘れていた。
「たとえ俺達の悲しい記憶を探ろうとしても、きっと無意識のブレーキでストップするに決まってる。正面突破なんて馬鹿馬鹿しいことをしても仕方ないよ。」
「…でも、これもある意味、正面突破だよね。」
 空白の始まりである『幸福』から探っていくというのも、広い意味では正面突破と同じことだ。しかしリスク、つまり私達が受けるショックは明らかに少ない。…多分。しかし幾らかはましである。
「確かに正面突破であることには変わりはないね。でも、少しでも核心に迫れるとするならば、『幸福』からアプローチする方が得策だと思う。」
 少しの間、静寂が包んだ。結局は先に苦いか、後から苦いかの違いでしかないのかもしれない。いずれにしても、辛い経験をすることには変わりはないのだ。それでも、私は、静かに頷いた。
「始めよう。」



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

 - トドメ氏の小説

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

彼の顛末 最終回

 それからというもの、僕は毎日の殆どを警察の手から逃げ回る事に費やしていた。ラグナロクを後にして、僕は取りあえずパン工場とは反対側…

世田谷異聞 第三回

快活なヌネの声が並平に起きるよう促す。 しかし並平は既に起きていた。実際は眠らなかったのである。しかもそれが既に二週間も続いている…

空白の理由 5(完)

4‐A・E  ずっと一緒にいたいと思っていた。  これまでの僕の世界は、 これま …

旅の果て 最終回

4  朝日が昇る前に、私は洞窟の入口に立っていた。一歩足を踏み入れると昼間と違い、中は真っ暗である。何かに躓き、転びそうになる。慌…

世田谷異聞 第一回

何本目かの煙草に僕は火を点ける。肺の奥まで煙を吸い込むが、喉がちりちりと熱くなるだけで味は分からなかった。煙を吐き出すが、電灯を点…

旅の果て 第一回

※この作品では表現上部分的に斜体を使っています。読みづらい方は、ブラウザの文字の大きさの設定で調節して頂ければ大きくなり読みやすく…

彼女の場合 第三回

3 何かが変わった、というより、私には何が変わったのかが分からない。だから心が軽くなったとか、快適な生活になったとか、そういった感…

旅の果て 第三回

3 夕飯は大好きな煮魚だったが、味わう間もなくそれを掻き込み、私は早々に自分の部屋に戻った。部屋の中央に腰を下ろし、無意識のうちに口…

空白の理由 3

3-A 「始めよう」 口の端をきゅっと締めて、美穂は言った。それを合図に、僕達は …

我は所詮ロボット 第二回

 昼間僕が何をしているのかと言えば、本来の任務である未来を変える為の試行錯誤である。彼が持ち込む厄介事を解決する事でもある程度は変…