きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

[04ポルトガル]またまた悪女に騙されるの、オレ???(スペイン編)

      2015/07/30   posted by

いや〜〜、ポルトガル対ギリシャに続いて
スペイン対ロシアについても感想を。

これも結果を知りたくない方はここから先は
見ない方が良いです。
TBSではこの試合やってないみたいなんで、
結果とか内容を知りたい方はぜひお読みくださいませ!!

それでは、いっちゃいますかぁ〜〜!!


いや〜〜、スペイン良い仕事してますねぇ〜〜(笑)。
イニャキ・サエス監督良い仕事してますねぇ〜〜(笑)。

ここではっきり断言します!!!
僕はスペインに期待をしませんでした。
期待したかったのですが、過去3回、見事裏切られました・・・(98年W杯、2000年EURO、2002年W杯)。
なので今回は優勝候補からも外しました・・・。
もうスペインの悪女性に愛想を尽かしたわけです。
期待しても無駄だよと・・・。

そしたら、なんですか!!(笑)。
こんなに良いサッカーを披露してるじゃ、あ〜りませんか(笑)!?
全くもってスペインは悪女です・・・。
また期待してしまっている今の自分が自分で嫌です・・・。
また悪女に騙されるんだろうか・・・。
いい加減、学ぶべきなのか・・・。
男は単純なアホで御座います。
魅力的なモノには弱いので御座います。
例え何度裏切られても・・・。

さて、話が逸れだしたので、話をサッカーへ戻します。

今回のスペインをなぜ素晴らしいと思うか???
それは彼らがスペインリーグそのままのサッカーを、
自然体に、まるでクラブチームでプレーしているように
プレーしているからです。

スペインリーグのクラブはチャンピオンズリーグやUEFAカップなどでも、
攻撃サッカー、サイドをスピーディーに使い、
中央にはイマジネーション豊かなテクニシャンを置き、
ボランチ(スペインではピボーテと言います)にも、守備だけでなく、
攻撃にもサイドチェンジやミドルシュートで大きな貢献をできる選手を置き、
サイドバックも果敢にオーバーラップし、
センターバックにも前線へのパスセンスを要求する、
パスとドリブルを融合したサッカーを武器にヨーロッパで確固たる地位を築いています。

しかし、そんなクラブチームを持つスペインですが、こと代表、
ナショナルチームになると途端にそのサッカーの質を変えてしまっていました。

僕が知っているスペインは超守備的監督、ハビエル・クレメンテが指揮した
EURO96のお世辞にも派手とは言えないチーム、
同じ監督が続投した98W杯の結果だけの無敵艦隊
(負けないように試合をして負けなかっただけ)
(けして強さを示して勝ったわけじゃない)、
熱き監督ホセ・アントニオ・カマーチョが指揮した、
割と攻撃的ではあったEURO2000のチーム、
その後同じ監督でありながら、EUROの失敗から急に現実主義化(負けない試合をする)した2002年W杯、
と守備が表に出ることが多く、代表だけはまるでイタリアのような試合をしていました。

ただ、EURO2000は守備的ではなかったのですが、
パスは回すがシュートまでいかないと言うチームでした。
そしてEURO2000当時、既にスペインリーグには今と同様
4−5−1フォーメーションの潮流が定着していて、
それがヨーロッパでの好成績に結びついていました。

にもかかわらず、代表ではこの4−5−1を取ることもなく、
また本来トップ下でボランチではないバレロンをラウールがいる関係で
トップ下に使えないのでボランチに使い、結果、彼は全くインパクトを残せずに、
この大会で敗退の戦犯扱いをされたほどでした。

このバレロンのように適材適所、クラブでやっているポジションと違うところに、
代表では使われ、それがまったく機能しないという事が多かったのです。
ここ最近のスペインは。

それが今回のスペインはどうでしょう!!!
なんとみんなクラブチームにいるように自分の生きる場所で、
自分らしいプレーで輝きを放っているではないですか!!!
バラハやアルベルダ、ビセンテは見ていて、まるでバレンシアの試合を、
見ているような錯覚を覚えました。

それはラウールにも、エチェベリアにも、モリエンテスにも、と言うか
スペインすべてのプレーヤーにその錯覚を覚えました。

シャビ・アロンソはソシエダにいるとき同様、ダイナミックな攻め上がり、
正確無比なサイドチェンジ
(あの足下にピタリと合わすサイドチェンジは脱帽)を見せつけました。

バレロンはデポルにいるときのように優雅なボールタッチから、
局面を打開し独特なリズムを生み出していました。

ビセンテはバレンシア同様、内へ外へドリブルで相手をキリキリマイにしました。

バラハは同じくバレンシア同様、中盤でのボール奪取から、
攻撃の起点として機能し、なおかつ重量感たっぷりの攻め上がりも見せました。

アルベルダは、バラハと一緒の時はバレンシア同様、中盤でのボール奪取に威力を発揮、効いていました。

マルチェナはバレンシアにいるとき以上に良い読みからのパスカット、そして安定したフィード、
良いCBになりましたねぇ〜〜。
昔ユース時代ベッケンバウアーの再来と言われた片鱗を見せました。

エルゲラはレアルでの良い頃のように、良いカバーリング、強いフィジカルを武器に相手FWを抑えました。

プジョルはバルサ同様、熱き魂の籠もったディフェンスと、
積極果敢なオーバーラップを見せました。

ラウール・ブラボは、レアルで左サイドバックとしてデビューした時のように、
金子達仁さん曰く、「若き日のマルディーニのようだ」
と言わせたときのように、
効果的なオーバーラップと落ち着いたDFで、躍動してました。

エチェベリアは小柄な体格をスピードとテクニックで補い、
ビルバオ同様縦へ中へ縦横無尽に動きまくりました。

ラウールとモリエンテスは昔レアルでコンビを組んでいた時のように、
あうんの呼吸でスペースを作り、使い合っていました。

フェルナンド・トーレスもアトレティコ・マドリー同様、
ダイナミックかつスピーディーな突破を見せ、大器の片鱗を見せていました。

そしてなにより強みは監督の采配です!!!
まさかあんなにピッタリ、はまるとは!?
きっとイニャキ・サエス本人が一番驚いたでしょう(笑)。
交代で入れたバレロンはファーストタッチでゴール。
もう1人のシャビ・アロンソはその決勝点の展開の
起点となるサイドチェンジを出した影の功労者になっちゃったわけですから。

さてこう書くとスペインの良いトコばっかりだったようですが、
そうでもありません。

まずあれだけチャンスを作って、得点が1点のみというのは・・・・。
ちょっと心配です。

それと、ロシアも良いところを見せていました。
特にアレニチェフのドリブル突破からのシュートは素晴らしかった。
あれは止めたカシージャスを褒めるべきでしょう!!!
あのセーブはこの試合を救ったビッグセーブと言えるはずです。

さぁ、こう書いてあること読むと僕がどれだけスペインに魅せられてしまったか、
良くおわかりでしょう!!!
さぁ、そんなわけでまた悪女に見惚れてしまった、
僕の「未来はどっちだぁ〜〜♪」(笑)。

(オレって悪女を排除しきれないのかなぁ〜〜???)


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

miya10costa

ど~も~。きになるブログ新メンバーとして書き込むこととなりました、ミヤ10COSTAで~す。 どうぞヨロシクお願いします。 サッカーを中心にガルティエに負けないように、映画や音楽、時事ネタから果ては芸能スキャンダル、アイドルネタまで(笑)、お気楽に色々書き込もうと思ってるので、お気軽にお気楽に読んでもらえるとうれしいで~す。

 - サッカー, EURO, [EURO]ミヤ10COSTA

Comment

  1. セッキー より:

    ミヤの気持ちもわかるわかる。悪女が謎を多く持つ女性のことならば、男にとってこれほど魅惑の女性はいないな。
    全てを知って残るのが、安心と愛情ならば、知りたい余地が多く残されている段階で感じるのは、相手の心身に触れたい情熱でしょうか。
    知らない相手だから、期待も広がり、広がり…。

    と、まあそんなことを考えなくても、時に人生にヒロインがいるのも悪くないねえ。
    ベアトリーチェに、ロクサーヌ。エスメラルダに、マルガレーテ、、、、、、、、、。

    フランスは強いのだろうけど、優等生過ぎて、上記のヒロインというより、クイーンといいたいな。
    だって先の見えない、危なげのなさが全くないじゃないですか!(笑)
    なぜかいつも実力を発揮できない、はかなげな感じ(スペインファンの方、失礼!)、いつチームが機能しなくなってもおかしくない感のある非安定性、そのどれもが手を差し伸べたくなる感じで、なのに美貌(魅力的なサッカー)はあったりして、まさにスペインは抱きしめずにはいられない薄幸の美女!
    (但し期待に応えてくれない点で、だから魅惑的なのだけど、悪女。)

    こんなチームならしょうがない。
    今回も、さあ、悪女“カルメン”に騙されよう(笑)。
    少なくとも、二人は確定かな?(笑)。

    まあ悪女悪女と言っても、同じく期待を裏切り続けてくれた浪花の女、阪神タイガースより希望はあるはず。実力的に言って、阪神が南千住のスナックの女ならば、スペインは新宿ゴールデン街の女性ぐらいの開きはあるはず(阪神ファンの方、失礼!)。

    いや、しまった。このたとえで、スペインのヒロイン性が一切失われてしまったな。ここは銀座の女性と言いたいのだが、銀座には行ったことがない!

    まあでもやっぱりスペインは、僕にとって、ロクサーヌであり、ベアトリーチェであり、マルガレーテであり、、、、、。
    ナンバー1の称号は、手に入らない。でも期待させる余地は持っている。
    だから、ただで栄冠が訪れるかもしれない未来を楽しませてもらえる、そこがいいな!

    だけどまあ、今回もしもスペインが勝って、クイーンになってしまったら、スペインから無鉄砲で、愚かな若さは無くなってしまうのだろうか。
    分別ある女性に変身するのかな。

    でも結果を出す「悪女」って聞いても、ピンとこないですね、、、、、?
    悪女っていうと、ナポレオン夫人であったり、ケネディ夫人であったり、アントワネットであったり、、、、。
    ちなみに西太后は、「悪オババ」というべきだろうなあ。

    という風に基本的に僕はスペインの魅力は、常に裏切られる所にあると強く思っていますが、それゆえに、それゆえに今回も信じましょうか。
    カルメンの母国に、残りのコイン全部!!

  2. miya10costa より:

    >セッキーへ

    コメントありがと。
    そっか〜、スペインはカルメンの母国かぁ〜。
    そりゃ悪女だわ!!!
    国民性が悪女だわ!!!

    確かにフランスはクイーンだね。
    品行方正的で。
    それはそれで魅力なんだけど、
    少し面白みとスリルに賭けるよね。

    そして、ポルトガルはなんか美人だけど薄幸だよね。
    運悪いというか、なんというか。
    スペインほどの魅力を感じさせはしないから、悪女とは呼べないけど、
    なんか応援したい、守ってあげたいチーム(笑)。でも報われないみたいな・・・。

    で、オランダは国同様、自由奔放に見えるんだけど、
    実はしっかり者のAB型風な美人かな!?
    フランスほど優等生ではないけど、スペインよりもしっかりしてるみたいな。
    で、ポルトガルよりは報われるみたいなね(笑)。

    さぁ、皆さんはどんな女性(チーム)に思いを賭けますか???
    僕はスペイン、オランダ、ポルトガルで!!
    って、おい三股かい(笑)!!(1人ノリつっこみ)。

  3. セッキー より:

    その3国に惚れるとなると、ミヤも苦労しそうね(笑)!

  4. miya10costa より:

    はっははは〜〜(笑)。
    はぁ〜〜、実生活で充分鍛えられたので、
    もう苦労はお手の物です(嘘です、男の強がりです)(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[13-14PL]速報!エジルの獲得がほぼ決まりか?!

Quoted from:Yahoo!スポーツ エジルがアーセナルへ=移籍金65億 …

[03-04PL]115年ぶり!アーセナル、リーグ無敗優勝達成!

■115年ぶり!アーセナル、リーグ無敗優勝達成!いやぁ、やってくれましたね。昨日Liveでみれなくて、朝みようと思っていたら、録画にも失敗し…

[コラム雑感]柳沢敦

 きになる選手第1回目は期待される日本のFW柳沢敦選手です。 彼ほどサッカーファンにとやかく言われる選手は珍しいかもしれません。と…

[コラム雑感]内紛起きちゃうとチームは強くならないですからぁ〜〜。残念〜。

ドイツ代表、正キーパー争いの混乱続く(スポーツナビ)代表の正キーパーをめぐる争いに、終止符が打たれる気配はない。ゼップ・マイヤー元…

[03-04カーリング・カップ]決勝

■<イングランド・カーリングカップ 決勝> ミドルスブラが初優勝準決勝でアーセナルを破ったミドルスブラの優勝に終わりました。ミドル…

[04-05ベスト16]バイエルンvsアーセナル 1st leg 〜感じた欧州トップチームとの差〜

■欧州CLバイエルンvsアーセナル 1st legついに欧州CLが再開されました。バイエルンのような名門と決勝Tで戦うというのは私がアーセナルを見始め…

[04ポルトガル]なんで、そうなるの?(欽ちゃん風)(チェコ対ギリシャ)

さて少し時間が経っちゃいましたが、準決勝2試合目の試合経過と感想を。こっちの試合は華やかな試合とは言い難い、おそらく玄人受けする試…

[04ポルトガル]スウェーデンサポは色んな意味で素晴らしい!!

なんと、オランダ対スウェーデンを書いていたら、異常に長くなっちゃったので、感想はこっちに分けて書きます。オランダの問題点とか、スウ…

[コラム雑感]トヨタカップなどからみるサッカー協会の日本代表試合等の運営の問題点とラグビーW杯を見ての演出への提案。

■トヨタカップなどからみるサッカー協会の日本代表試合等の運営の問題点とラグビーW杯を見ての演出への提案。前回紹介したSoccer Daysさんの【…

[04アテネ五輪最終予選]UAE戦

■日本サッカー、決めたアテネ行き=緊張の夜、歓喜の夜にやってくれましたね!6試合で最高の試合でした。最後の試合でこれだけのコンディシ…