トドメ氏

いにしえゲーム血風録

いにしえゲーム血風録 二回表 「バベルの塔(白い壺編)」

 今回はFCからナムコの名作アクションパズル「バベルの塔」をご紹介します。このゲームが発売された1986年頃、ゲームソフト1本が4000円~5000円が相場でしたが、しかしナムコは安価で良質のゲームを供給しようという「サンキューシリーズ」を...
いにしえゲーム血風録

いにしえゲーム血風録 一回裏死球乱闘 「ファイナルファイト(MASAMUNE!編)」

 前回までのあらすじ ファイナルファイトに邂逅するも、屋上遊園地の凶悪な難易度に怯んだが、別のゲームコーナーの上手い高校生のプレイに影響され、「自分も出来るんじゃね?」と調子こいた私は、なんとか4面到達だったのだった。 さて、工場内のザコ(...
いにしえゲーム血風録

いにしえゲーム血風録 一回裏 「ファイナルファイト(吐き捨てられたガム編)」

 さてファイナルファイトがリリースされた当時、私はまだゲーセン小僧ではなく、その入り口、つまり屋上遊園地に出入りする中坊でありました。そこでは1プレイ30円という破格の価格設定で、私は初めてファイナルファイトを目撃することになりました。 し...
いにしえゲーム血風録

いにしえゲーム血風録 一回表 「ファイナルファイト(原始肉編)」

 今回紹介しますゲームは、カプコンの地位を盤石なものにしたと言っても過言ではない、万民周知の傑作アクションゲーム、「ファイナルファイト」です。ゲーム好きの方なら名前はもちろん、実際にプレイされた方も大勢おられることでしょう。一時期はどこのゲ...
いにしえゲーム血風録

いにしえゲーム血風録 「前口上」

 拙作「いにしえゲーム回顧録」はいわゆるゲーム紹介記事でしたが、その最大の目的は「ネットにあまり出ていないので、私が紹介し、あわよくば知らん人に動画とかを紹介してもらう」ことでした。そして幸いにもゲーム紹介記事をアップすると、途端にネット上...
本・コミック

石黒正数 「木曜日のフルット」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り返し自問されるものであります。そしてその問いに答えるために、自己は他者との比較によって認識されるという前提において、「他者はど …これ前にもやったな。まぁつまり...
本・コミック

大橋つよし 「ねこたん」

 かつて雑誌モーニングには恐ろしい4コママンガが存在しました。舞台こそ現代の下町ですが、その内容は「徹底して背景を排除し、どこまでも白い構図」と、「極限までディフォルメ化され、かつその個性は常軌を逸し、でも結構常識人なキャラクター群」と、そ...
本・コミック

山川直人 「一杯の珈琲から」

 「自分はどのようなものなのか」という問題は、アイデンティティの維持において繰り返し自問されるものであります。そしてその問いに答えるために、自己は他者との比較によって認識されるという前提において、「他者はどのようなものなのか」を知りたくなる...
TV番組

Eテレ「考えるカラス」

 私達は日々の生活を送る際、色々なことを考えます。仕事の段取り、夕飯の献立、野球の結果、ハナクソのほじり方など、色んなことを考えます。その中でもよく行うのが「○○だから××になるだろう」という推論です。これまでの経験から先の見通しを予測する...
TV番組

Eテレ「デザインあ」

 ネットの普及により、以前に比べてテレビの視聴時間が減ってきていると言われて久しいですが、確かに私も以前に比べてテレビを見る時間が減りました。特に民放はほとんど見ないと言ってもよく、したがって最近の芸能人や芸人さんが全く分からなくなりました...
本・コミック

竹内佐千子 「2DK」

 人間誰しも好きなものがひとつやふたつあるもので、何かしらの好きなものを楽しんで生きています。そして好きなものを楽しむことだけでなく、好きなものを追いかける過程自体も楽しいものです。そのような探求が、意外にも哲学的な問いに直面することがあっ...
本・コミック

芦奈野ひとし 「コトノバドライブ」

 「ヨコハマ買い出し紀行」「カブのイサキ」でおなじみの芦奈野ひとし氏の新作「コトノバドライブ」が刊行される、と聞いたのは今年の頭。「ヨコハマ~」は今でも頻繁に読み返す大好きな作品ですし、「カブの~」は明らかに打ち切りを思わせる結末でしたが、...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 ヒーローインタビュー 「その他数多のゲームたち」

 さて、これまで色々な「ネットではあまり見ないゲーム」をご紹介してまいりました。基本的にバカゲーが多かったような気がしますが、さて、実はこのコラム、正確には「ネットであまり見ない、私がサルのようにプレイしたゲーム」でありまして、ですから他に...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十八回裏二死二塁 「エレベーターアクションリターンズ(最上階展望デッキでございます編)」

 前回までのあらすじ:ダウンタウン地下に仕掛けられた爆弾を解除するため、そして謎の小型飛空艇団を追って、地下鉄構内へヘリで乗り付け、ホームに開いたドデカい穴に飛び込んだ姐御だったのだった。 そんな訳で我らが姐御はダウンタウンの地下と潜入です...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十八回裏 「エレベーターアクションリターンズ(この階には止まりません編)」

 今日も懲りずにやってまいりました、ゲームセンター「キャロット」であります。前にも述べましたように、我らはココを拠点としている訳ではなく、新しいゲームを求めて商店街を中心とした周辺のゲーセンを周遊していたのですが、何しろココの新入荷は不定期...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十八回表 「エレベーターアクションリターンズ(上へまいります編)」

 今回はタイトーの「エレベーターアクションリターンズ」をご紹介いたします。以前より申し上げています通り、タイトーは珍奇ゲームを作る、デッドボールも辞さない猛者メーカーとして認識しておりますが、このゲームは珍しくまともです、と思いきや、やっぱ...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十七回裏 「海底大戦争(風船爆弾編)」

 さて、相も変わらずキャロットに出勤のわたくし。今日も「大魔界村」の宝箱を探そうか(まだクリアしていなかった)とビデオゲーム筐体の方に向かうと、フロアの隅に見慣れないゲームがあります。濃い。遠目から見ても、一見して、なんか濃い。早速近寄って...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十七回表 「海底大戦争(超音波魚雷編)」

 さて今回ご紹介しますのはシューティングの鬼軍曹、アイレムより「海底大戦争」です。良いですね、この昭和の特撮を感じさせる、しかしどこかヤケクソ気味のネーミング。僕らはそんなアイレムが大好きさ!それでは早速ストーリーを紹介します。 ...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 もう漫喫で良いか 「ガンシューティング」

 ビデオゲームは主にモニターがあり、その付近にジョイスティックとボタンがあり、これを操作して遊ぶものです。しかし中には特殊なインターフェイスを持つ物もあります。例えばドライブゲームならハンドルとアクセルを操作しますし、フライトシミュレー...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十六回裏 「がんばれギンくん(ゲッター編)」

 時は空前の格ゲーブーム。どこのゲーセンにも何種類もの格ゲーの対戦台が設置され、連日大変な賑わいでした。この状況で「よし、オレも一山当てたいぜ」と考える輩がいても不思議ではないわけで、つまり新しいゲーセンがあちこちに出現していたのです。...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十六回表 「がんばれギンくん(メタンガス編)」

 今回紹介するのはテクモの「がんばれギンくん」であります。テクモって言うと最近(今はコーエーテクモか)では「デッドオアアライブ」とか「NINJA GAIDEN」とかですが、昔は「スターフォース」のような爽快STGや「ソロモンの鍵」のよう...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十五回裏 「ハレーズコメット(日曜午前編)」

 日曜日。当時まだ週休二日ではなかった学生には完全休日(つまり一日完全に好き勝手出来る日)は貴重でありました。そしてゲーセン小僧であった私にとっても日曜日は別の意味で非常に貴重な日でもあったのです。  休みに限って早めに起き、さっさと...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十五回表 「ハレーズコメット(彗星接近編)」

 今回ご紹介しますのは久々のタイトーより「ハレーズコメット」です。ハレーズコメット、そうです、かのハレー彗星をモチーフにしたゲームでして、実際発表は1986年(ハレー彗星最接近の年)と実にタイムリーで商魂逞しい作品であります。それではス...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 終電間に合わねえや 「コラムス」

 昔からパズルと言えばクロスワードやジグソーパズル、スライドパズルなどが主流でありました。そこへビデオゲームが発明されたことで、パズルは熟考長考を試すものではなく、むしろ瞬間的なひらめきを求めるものが多かったように思えます。その最たるも...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十四回裏 「ニューマンアスレチックス(宇宙記録編)」

 さて今日も今日とてナムコ直営ゲーセン「キャロット」にご出勤のわたくし。入口すぐの所には大型筐体が並んでいたのですが、その日やけにでかいアップライト筐体が設置されていることに気が付きました。どうやら4人同時プレイ可能のようですが、しかし...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十四回表 「ニューマンアスレチックス(世界記録編)」

 今回ご紹介いたしますは、またナムコの「ニューマンアスレチックス」です。ナムコ直営キャロットがホームグラウンドだったので仕方ないんです。それはさておき、とかくナムコは設定がバカ方向に突っ走った作品が多いですが、本作もまたバカアクセル踏み...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十三回裏 「アウトゾーン(宇宙二丁拳銃編)」

 さて毎度おなじみナムコゲーセン「キャロット」は、学校から最も近いという理由で行きつけだった訳でして、足繁く通いはしましたが、かといってそこにこだわっていた訳でもありません。またキャロットのラインナップもそうそう入れ替わるわけではないし...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十三回表 「アウトゾーン(宇宙バズーカ編)」

 今回ご紹介するのは久しぶりに登場の東亜プランから「アウトゾーン」です。東亜プランは一回表にも述べましたように、クソ難しいシューティングを愛して止まないメーカーでしたが、このゲームは珍しく程良い難易度の縦シューで、実際中坊の私には非常に...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 ジェット風船ピュー 「ギャラクシアン3 シアター6」

 四半世紀ほど昔、大阪で「国際花と緑の博覧会」という万博が開催されました。様々なパビリオンが立ち並ぶ中、ナムコはある体験型アトラクションを発表しました。それは当時の最先端技術であったポリゴン3DCGによるガンシューティングゲームでした。...
ゲーム

いにしえゲーム回顧録 十二回裏 「LSIゲーム(ソーラーパネル編)」

 さてLSIゲームのキャラクター表示にはかなりの制限がありました。例えば液晶電卓の場合、7本の棒の点滅によって全てのアラビア数字を表現することが出来ましたが、ゲームの場合、キャラクターとその動きの数だけ液晶パターンを作らなければなりませ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました