きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

[93U17世界選手権]いまだからこそ、振り返ろうU17、U20、U23 第1回 ’93 U17世界選手権

      posted by


93年U17世界選手権

予選リーグ

1993/08/21 ガーナ 東京 ●0-1 ○

1993/08/24 イタリア 神戸 △0-0

1993/08/26 メキシコ 神戸 ○2-1
得点:
船越、松田
決勝トーナメント
1回戦 1993/08/29 ナイジェリア 岐阜 ●1-2 ○ 得点:中田(英)


GK
伊藤 卓弥 横浜Mユース
小針 清允 読売ユース
DF
鈴木 和裕 市立船橋
家治川 卓也 高槻南
宮本 恒靖 G大阪ユース
松田 直樹 前橋育英
戸田 和幸 桐蔭学園
長田 道泰 読売ユース
MF
中田 英寿 韮崎
一木 太郎 読売ユース
藤田 聡 徳島市立
財前 宣之 読売ユース
橋本 淳 東北学院
石本 慎 沼田
佐伯 直哉 読売ユース
FW
坂井 浩 四日市中央工
吉田 孝行 滝川二
船越 優蔵 国見


U23オリンピック代表が盛り上がりましたね。今平山や森本など若い選手が注目を浴びていますが、今の代表も含めてJリーグが開幕して以来の育成の歴史が前提にあると思います。私がよくサッカーをみるようになってからのユース年代の各大会を振り返ってみようと思います。


93年なんといってもJリーグ開幕の年です。私がサッカーを見はじめたのは、マラドーナってよく聞くけどどんな選手だろう・・・。ということで見始めた90年イタリアW杯からです。
そこから、


J開幕までは天皇杯決勝などで読売vs日産を中心にみていました。あとはやはり日本代表には注目していました。
そんな中で入ってきたニュースが日本がダイナスティ・カップで韓国を破って優勝したことや、広島アジア・カップで初優勝したということなどです。日本もあの別世界にあったワールドカップにもしかしたら出れるかもしれないと、盛り上がっていた時でした。’94年アメリカW杯1次予選があり、日本はライバルUAEを順当に破り一位突破が決まり、10月の最終予選を控えるだけという状態でした。
その盛り上がりの中、ついに悲願のプロリーグ開幕。学校も毎日Jリーグの話題、新聞も朝のTVでも連日の報道。いわゆるJリーグバブルがやってきました。これは私にも大きかったです。サッカーに触れる機会が圧倒的に増えたのです。
そんな中に行われたのが、U17世界選手権です。日本は自国開催だった、水沼さんたちを擁していたワールドユース以来の世界大会の出場となりました。今回も出れた理由は自国開催でしたが、これに出れたのは結構大きかったのかなぁと、今になれば思いますね。
メンバー表をみてもらえればわかりますが、今を担っているメンバーが数人含まれています。この大会で強かったのがなんといってもアフリカ勢でガーナ、ナイジェリアはやはり強かったです。
この大会に参加していた中田英寿もアフリカの身体能力には驚いたと語っています。二戦目に戦ったイタリアにはなんと後のローマで一緒になるトッティもいました。こういった縁もおもしろいですね。
この大会の日本のエースは財前 宣之選手です。彼は中田よりも注目されていました。確かにこの時みたなかでは一番うまかったと思います。彼はその後スペインのログロニェスにいったりしていました。今は仙台などで活躍しています。
他には印象深かったのが凄く背の高い国見の船越選手です。今は確か湘南などで活躍していましたね。
その他には、DFに松田、宮本、戸田。MFにはなんといっても中田がいました。
中田は日本の歴史を塗り替えてきた張本人で、U17本大会をはじめ、全ての大会で予選を突破&本大会決勝トーナメント進出を果たしているんです。こういったところからも彼の強運ぶりというか、星の元に生まれているのがわかりますね。
今大会も見事に決勝トーナメント進出をきめました。残念ながら、ナイジェリアに敗れてしまいましたが、中田が右サイドを駆け上がって決めたゴールはいまでも記憶にあります。当時の中田は使う方ではなくて使われる側だったんです。

ユース年代の活躍を上の年代で生かしていくというのは簡単ではないようですね。常に自分とみつめあい、日々の努力と自分に満足しないこと。運ももちろんありますが、進歩し続ける気持ち、努力こそが未来の自分を創るということが間違いなくいえそうです。


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

galthie

スポーツ全般がとても好きです。もともと好きだった将棋も1年くらい前から本格的に指しています。別の趣味であるコンピュータを含めてみなさんの役にたつ情報を載せていきたいものです。 好きなチーム:アーセナル 将棋棋力(2016年1月現在) 【将棋ウォーズ】3級 【将棋倶楽部24】13級 最高R310(R300あたりをうろちょろ) 【将棋道場】対局数少なく判定出ていません

 - サッカー, 日本代表, [日本代表]ガルティエ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[04イングランド遠征]中田英は招集せず イングランド遠征メンバー25名発表=サッカー日本代表

Quoted from:Yahoo!スポーツ中田英は招集せず イングランド遠征メンバー25名発表=サッカー日本代表(スポーツナビ)日本サッカー協会は20日…

[05ACL]磐田と横浜がともに初勝利

Quoted from:朝日新聞磐田と横浜がともに初勝利 アジアCLサッカーの世界クラブ選手権の出場権をかけたアジア・チャンピオンズリーグの1次リ…

[コラム雑感]チャンピオンズ・プレイバック by Sky Perfect TV

■チャンピオンズ・プレイバック by Sky Perfect TV今週の火曜日・水曜日は、CL準決勝2nd Legですね。もちろん楽しみに見ますが、ひとつ大変なことを…

[16-17欧州]プレミアリーグ・ネット放送に備えて視聴環境を整えてみた~スポナビライブ・レビュー編

※放送始まりました。 スポナビライブ、ミラーリングに制限がかかっているようでうま …

[06ドイツW杯最終予選]アウェイのイラン戦感想&バーレーン戦に向けて;求む、10番タイプじゃないMF(サイドのドリブラー)&前線でタメ作れるCF!!

いやぁ〜、当たってほしくない懸念が当たって複雑な気分なミヤ10COSTAです…。福西のゴールが決まった時は引き分けイケルぞって思っ…

[06ドイツW杯欧州予選]イングランド代表おもしろくなってきたかも・・・

いつからスリーライオンズのサッカーは面白くないと思ってしまったのでしょ…

[04ポルトガル]英は伊の亜流?(イングランド対スイス)

さて、立て続けにイングランド対スイス戦を。ちなみにタイトルの英はイングランド、伊はイタリアです。

[06ドイツW杯最終予選]最終予選は結果が全て

みなさん、応援お疲れ様でしたぁ。サポーターの気持ちが届いたかのような結果にまず…

[06ドイツW杯最終予選]勝ったどぉ〜〜〜〜!!(日本対北朝鮮)

勝ったどぉ〜〜〜!!いやぁ〜、冷や冷やでしたけど勝ちましたね〜、日本代表。さて、そんなわけで大変ご無沙汰しておりました、ミヤ10コ…

[13-14PL]メスト・エジルのアーセナル加入が正式に決まりました。

Quoted from:Yahoo!スポーツ エジルがアーセナルへ=移籍金65億 …