きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

捨印って?

      posted by

捨印って?

契約書などを作成する時にある捨印欄ですが、どういう意味があるのかふときになって調べてみました。
ちょうどいい討論をしているところがあったので、紹介しておきますね。

捨印
 捨印とは、あらかじめ訂正する場合を想定して、訂正印として上部空白部ないし、右(あるいは左)空白部に押印しておくことです。あらかじめ訂正印を押印しておくことで、後で自由に訂正することが可能となりますので、契約書などに捨印する場合は十分に注意をすることです。

 捨印をしたものについては、その書類の原本ないし写しをもらって最終的にどのような形になったのか確認しておくのが良いでしょう。

書類を頂戴する方としては、捨印が押してあると何かと便利です。記入間違いがあった時に、お客様に連絡を取り、窓口まで来ていただく、もしくはこちらの担当者が再び出向く、という手間が省けるのですから。
(中略)
 まあ、実際に記入されている物を直す場合は、本来は取消線を引いて、訂正印を押さなくてはならないんですよね。捨印であれば、追記できるだけだと思います。書類によっては、金額の追記も出来ます。

 気を付けましょう!!


ということみたいですね。
書類に不備があったときに訂正する必要がありますが、不備があるたびに送り返されてきて、時間がかかってしまうので、そのための印鑑といったところでしょうか。
しかし、便利な反面、書面の内容によっては金額を修正されても文句はいえないということになってしまいます。
不備が確実にないと確信があるときは、押さない方が無難かもしれませんね。
世の中、こういったシステムの隙間をついて、悪いことをする人もいますからね(; ̄ー ̄川 アセアセ
書類の内容、相手先等を十分考慮して押す事が望ましいようです。


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

0
The following two tabs change content below.

galthie

スポーツ全般がとても好きです。もともと好きだった将棋も1年くらい前から本格的に指しています。別の趣味であるコンピュータを含めてみなさんの役にたつ情報を載せていきたいものです。 好きなチーム:アーセナル 将棋棋力(2016年1月現在) 【将棋ウォーズ】3級 【将棋倶楽部24】13級 最高R310(R300あたりをうろちょろ) 【将棋道場】対局数少なく判定出ていません

 - おすすめ, IT関連, ホームページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

FOOT!使用楽曲

ダバディさんの最近の記事でも好きでおすすめ番組だと紹介があったFOOT!。J SPORTSのみられる環境でサッカーファンならチェック済…

地球の不思議&生き物サイト

先日友達と話していて、その人は凄く宇宙が好きで詳しいのですが、私もその手の話は好きで盛り上がりました。ブラックホールのメカニズム、…

ダバディ氏のブログ発見!

■ダバディ氏のブログ発見!前日本代表監督トゥルシエ氏の通訳、そしてプライベート・アシスタントとしても活躍したフローラン・ダバディ氏…

ヨドバシさんの当日配送は表記通りで凄かったです。

先日、急ぎで欲しいものが出来、実店舗にも買いにいけなさそうだったので、通販に頼る …

FOOT TABLE

■FOOT TABLEスカパーでサッカーをみている方必見です。各チャンネルごとの番組表です。その日にどんな放送があるか一目瞭然です。以前あった人…

映画『八甲田山』に想いを寄せて(幸畑陸軍墓地&八甲田ロープウェー編)

映画『八甲田山』追想の最後の記事です。 前回の記事に書いた、八甲田山雪中行軍遭難 …

SIMPLE

■SIMPLE私自身の記事は少しお久しぶりになりました。資格試験の勉強もあって、なかなかサッカーとかチャックできてないんです。CLもありますし…

Narinari.com

■Narinari.comニュースにコメントを載せる形式で更新しているBlogは多いと思います。こちらのサイトはそんなサイトとは一風変わっていて、ニュー…

Stand Up (For The Champion)

五輪予選で盛り上がり、今前哨戦であるワールドグランプリが行われているバレーボール。そのインターバルにかかってい…

ヒカルの碁に思う。

 最近ヒカルの碁を見る機会がありました。 いや〜、かなりおもしろいですね。 主人公のヒカルが囲碁界を確実に駆け上がっていくのはわか…