きになるブログ2

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。

*

[コラム雑感]トヨタカップなどからみるサッカー協会の日本代表試合等の運営の問題点とラグビーW杯を見ての演出への提案。

      posted by

■トヨタカップなどからみるサッカー協会の日本代表試合等の運営の問題点とラグビーW杯を見ての演出への提案。


前回紹介したSoccer Daysさんの【トヨタカップとサッカーファン】を読んで今起きかかっている日本代表等の試合の問題点に気づきました。
まずトヨタカップについて見てみれば、最初の頃に見られた営業努力などが段々と見られなくなっていたという過程がみえます。

前にも紹介した日本にトヨタカップを招致した過程について当時の当事者へのインタビューで振り返る「トヨタカップを呼んだ男たち」というコラムがあります。どうして当時人気も実力もなかった極寒の日本サッカーにあって、これだけの大会を呼ぶことができたのかというのは私にとっても謎でした。
このコラムを読んで、私も時々目にはしていたけれどもよく知らなかったでマーケティング会社の「電通」という存在が一つのキーとなっているのを知りました。数々のサッカー以外にも世界大会を成功させていったという事実が、77年の「ペレさよなら試合」、79年「ワールドユース」日本開催というビックイベントをも成功させた。このときの信用がブラッター、アヴェランジェという当時のFIFAへの信用につながっていたようです。最初韓国に比べてW杯招致を有利に進められたのはこういった背景があったのだなと納得しました。
このくらい影響を持つ大きな大会を成功させていたことが、電通、日本TVのタッグを呼び、当時消極的だったサッカー協会を説得し、


トヨタカップが実現したようです。毎回の開催も電通がかかわり、プラティニのユヴェントスや、雪の中での激闘が感動を呼んだ戦いを経て定着を果たしていきます。成功させていくという過程のようです。
国立を満員にするような大会を実現させたいという熱意で呼んだ大会。しかし、当時の状況でサッカーで満員にするには相当の営業努力もあったことでしょう。
それがうかがえるものがありました。トヨタカップの公式ページでは、当時の映像、パンフレットなどを読めるのですが、初期のパンフレットを見てみるとその力の入れようがわかります。各選手のコメント付き紹介はもちろんのこと、各クラブの歴史などが詳細に書かれています。記念に購入するという以上にその情報量は素晴らしいと思いました。今からでもほしいなぁと思ってしまったくらいです。そこから、最近のパンフレットを見てみましょう。簡単な選手紹介、クラブの紹介が申し訳程度にあるくらい。これで、当時1000円だったプログラムが最後の方になると1500円になったそうです。
時代が違うとはいえ、当時小中学生はプラティニが500円で見ることができたそうです。それが去年のトヨタカップ。一番安い席で7000円。去年は初めてトヨタカップで空席が出来たそうですが、Soccer Daysさんの【トヨタカップとサッカーファン】を読んでそれはそうだよなと妙に納得してしまいました。

レアルなどの欧州ビッククラブの人気にあぐらを書いてきて、これに乗じて少しでもお金を取ろうという姿勢、サービスも大してない状況では、いくらトヨタカップとはいえ空席が出来てしまうでしょう。このサッカー人気にあぐらをかいているような協会をはじめとする運営にかかわる人たちの傲慢を感じます。

これは日本代表の試合でもいえるのではないでしょうか。今回W杯予選直前にもかかわらず空席が目立った事実は、暗い影を落としているように見えてしまいます。代表人気にあぐらを書き、なんの努力もない値上げを繰り返し、テーマのない親善試合を増やして、人気のあるうちにお金もうけをしてしまえというマッチメイク。
本当にここに関しては考えていかないと、危ないと思います。


あと、代表の試合に感じること。国歌斉唱で独唱にこだわりすぎていませんかということを強く訴えたい。たしかにMLBなどのアメリカの感動的な独唱を真似しているだろうけど、最近の国家斉唱で全然感動できなくなりました。
おととし、オーストラリアのラグビーW杯をみて衝撃を覚えました。こうした大きな大会の運営に関しては世界でも屈指だと思いますが、この時の国家斉唱は、少しアレンジされた各国二人による素晴らしいハーモニーでの国家斉唱でした。見ていたかたにはわかると思いますが、日本代表の選手もなく選手が出て、感動して泣く選手も続出するなど、始まる前に本当に力が入る素晴らしい演出でした。代表人気にあぐらをかいていないで、こうした一例のように盛り上げる演出などの営業の努力を続けてほしいなと思います。


読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m

The following two tabs change content below.

galthie

スポーツ全般がとても好きです。もともと好きだった将棋も1年くらい前から本格的に指しています。別の趣味であるコンピュータを含めてみなさんの役にたつ情報を載せていきたいものです。 好きなチーム:アーセナル 将棋棋力(2016年1月現在) 【将棋ウォーズ】3級 【将棋倶楽部24】13級 最高R310(R300あたりをうろちょろ) 【将棋道場】対局数少なく判定出ていません

 - サッカー, 海外, [その他]ガルティエ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Yahoo!ニュース – プレミアが岡崎争奪戦 – 岡崎がここまで成長したことに思うこと

Yahoo!ニュース – プレミアが岡崎争奪戦 Wブロミッジも獲得リ …

[02-03PL]アーセナル2冠ならず。

うーん、残念。せめて最後まで興味を持たせてくれると思ったんですが。。。CLを含めてなにかまだ足りないのでしょうね。ポジティブに考え…

[04ポルトガル]グループB第一節 フランス vs イングランド

■これがサッカーというものなのか・・・

[04-05ベスト16]アーセナルvバイエルン 2nd leg 〜夢は続きへ〜

1-3と絶対絶命のアーセナル。勝つにはアーセナルの攻撃を爆発させるしかない。思いは届い…

[03-04カーリング・カップ]決勝

■<イングランド・カーリングカップ 決勝> ミドルスブラが初優勝準決勝でアーセナルを破ったミドルスブラの優勝に終わりました。ミドル…

[04ポルトガル]「ボールが彼を探している」アンリ、トレゼゲを賞賛

Quoted from:スポーツナビ「ボールが彼を探している」アンリ、トレゼゲを賞賛=ユーロ「ボールが彼を探している」アンリ、トレゼゲを賞賛=ユー…

[コラム雑感]柳沢選手ってレアルマドリーのあの人に似てません!?

 さて、柳沢選手のコラムはもうガルティエが書いていますが、今回はミヤ10COSTAなりの柳沢選手の紹介です!! まず柳沢選手…

[04ポルトガル]届きかけた夢は次の世代へ(ポルトガル対ギリシャ)(EURO決勝)

ついに色々なドラマを生んだEURO2004が終わりました。もうさすがに疲れもピークで、眠気とポルトガルへの肩入れたっぷりな観戦だっ…

[06ドイツW杯最終予選・プレビュー]いよいよ来週は北朝鮮戦。

■いよいよ来週は北朝鮮戦。ついに来週8年ぶりに最終予選が行われます。ドーハの時に始めて最終予選に触れて、本大会に出るだけにこんなに大…

[04-05準決勝]予想を超えた力=PSV vs ミラン 2nd Leg

予想を超えた力=欧州CL準決勝2nd Leg PSV vs ミランミランがアウェーゴールを決めると、PSVは4点以上が必要になるという厳しい条件です。